勝ち組マインドをインストール

今回の動画では勝ち組マインドについての考え方、そして、売買ルールについての考え方を学んでいただきました。
動画では解説しきれなかった内容を以下に書いておきます。
動画視聴後、読んでみてください。

 

90%の損する人と10%の得をする人がいます。

今、あなたはどちら側にいますか?
もし、何年かの投資歴があって、今現在負けているということであれば、あなたのマインドは残念ながら90%側のマインドを持っていることになります。

そして、もっと恐ろしい話をしますと90%の負け側にいるケースでは、これから投資を続けても損を積み重ねてしまうだけです。

勝ち組10%に入るためには、10%側の勝ち組マインドを持って相場に挑むようにしましょう。
10%なら仲間入りできる方法があると思いませんか?

何も勉強せずに、或いは間違った思考で資産を失っていく人がもの凄く多い世界ですが、
あなたは勝つ方法を勉強し、勝つマインドを持って相場に挑めばいいのです。
せっかく大事なお金を投資するのですから勉強して儲けましょう!

では、勝ち組マインドとはどういったものか簡単に説明していきます。

 

勝ち組マインドとは・・・

【1】勝ち負けを考えず、ただただ売買ルールに従う。
【2】株価を予想しない、株価に対応する。
【3】相場と対決しない、相場の声を聞けるようになる。
【4】常に研究し続ける、相場と対話する。
【5】相場が動いている時には一切考えない、相場が止まっている時に考える
こちらは動画でも簡単に紹介されていましたね。

一つずつ見ていきましょう。

 

【1】勝ち負けを考えず、ただただ売買ルールに従う

毎回の取引前に勝ち負けを考えることは、意味のないことです。
正直、その前に結果は出ています。

例えば100回投資して50勝50敗となっても利益2に対して損1であれば最終的に50×2-50×1=50となり勝てます。
何が言いたいかというと
・やり続ければ最終的に勝てる売買ルールを作って、あとはそれに従うだけにしましょう
ということです。

途中で負けても勝ってもどちらでもいいのです。
最終的に勝てる売買ルールが作れたなら一回一回の取引の勝ち負けは関係ありません。

プロのトップトレーダーを見ると、研ぎ澄まされた感覚だけでトレードをしているように見えます。
ただ、最初からその感覚があったわけではないということは知っておく必要があるでしょう。
研ぎ澄まされた感覚がないのに、トップトレーダーのように投資をしても結果は見えています。

 

【2】株価を予想しない、株価に対応する。

年始にはその年の日経平均株価予想を多くのアナリストの人が発表します。
投資歴がある方はここぐらいまで株価が上がりそうだな、と予想して買い付ける人が多いのではないでしょうか?

ただ、毎回株価を予想して株の売買を行なっていては勝てません。
株価を予想するのは売買ルールの作成の段階に行うことであり、実際に投資する段階では株価を予想してはいけないのです。

本番は株価に対応するだけなのです。

株価が全く自分の予想通りに行くことはプロでもなかなかないわけで、株価の予想が最終的な利益に直結するのではないのです。
むしろ、最終的な利益を得たいならば株価を予想するのではなく、株価への対応をルール化しておくことが大事なのです。

予想して・・・それが何になるのでしょう?

いつも当たるならいいのですが、そうでなければもう予想はやめましょう。

株価を予想するのではなく、むしろ株価は変動して自分の予定通りにいかないものだと諦めて、相場への対応の仕方をルール化しておくことこそが勝ち組マインドです。
ルール化しておけば株価がどうなっても慌てません。
もともと予想なんかしてないのですから株価の急な変動は予定通り、ルール通りに手仕舞いしましょう。

 

【3】相場と対決しない、相場の声を聞けるようになる。

ここで書かれていることはかなり大事なことです。
あなたにとって相場は味方ですか?敵ですか?

勝ち組マインドでは相場はワガママな女の子と考えます。
(ワガママな男性でもいいでしょう)
ワガママな女の子とうまく付き合えばあなたには継続的な利益がもたらされます。

では、ワガママな女の子とうまく付き合って利益を得るためにはどうしたらよいでしょう?
力でねじ伏せようとすると大やけどをしてしまいます。
相場に逆らってトレードすると、相場は激昂して、これでもかとあなたの資産を食い尽くします。
本当です。

多くの投資家が、相場の声に耳を傾けずに、著名アナリストの声に耳を傾けて資産を失っています。
ワガママな女の子(=相場)と仲良くなるためには、ワガママな女の子(=相場)の声を聞き取るスキルを身につけなければいけません。

そして、そのために必要となるのがテクニカル分析です。
テクニカル分析を使用して、ワガママ女の子の「今は上昇トレンドよ」と言う声が聞こえたら、上昇トレンドで利益を上げられる投資戦略を取ります。

大事なのは、相場の声を聞き取れた、その時に遅滞なくその流れに乗るということです。
今は難しいと感じても全く問題ありません。
正しい手順で勉強をしていけば、あなたも簡単に相場の声が聞き取れるようになります。

 

【4】常に研究をし続ける、相場と対話する。

売買ルールの簡単な作り方は次回以降のメール講座で勉強できますのでそちらを参考にして欲しいのですが、ここで言っておきたいことは、常に研究し続けるマインドを持っておきましょうということです。

いくつかの有用性の高い売買ルールを作れたならあとは少しずつのブラッシュアップと売買の積み重ねで継続した利益を得られるようになるでしょう。
そして、この少しずつのブラッシュアップの積み重ねの威力こそが、とても大きなものなのです。

一取引あたり1パーセントも期待利益率を向上できたら、最終的な収支にとてつもないインパクトを与える可能性があります。
研究をし続けるマインドは忘れないようにしたいものです。

また、継続した利益を得られるようになるためには、相場と謙虚な気持ちで対話し続けることも大事です。
相場と対話しながら、売買を積み重ね、そして利益が積み重なることは本当にとても楽しいことです。

証券口座の資金残高が少しずつ、でも着実に増えていくことを考えてみてください。
100万円

102万円

111万円

114万円

124万円

129万円

140万円

144万円

152万円

160万円

167万円



口座残高が増えていくのが、株式投資の醍醐味です。
少しずつ増えているのを実感した時、あなたは株式投資の勝ち組になっていることでしょう。

 

【5】相場が動いている時には一切考えない、相場が止まっている時に考える

勝ち組マインドの最終項は、相場が動いている時には一切考えるな、ということです。
売買ルールづくりは相場が動いていない時に考えることが大事なのです。

相場が動いていない時に相場でどうやって儲けるかを考えて、相場が動いている時はただただそれに従う、これが勝ち組マインドです。

相場が動いている最中に
「この銘柄上がりそうだな・・・。よし、買ってみよう」
これは一度や二度勝てることがあっても最終的に負けに収束する、いわば最終的に負けることが決まっているギャンブルです。
ギャンブルが好きならギャンブルをやってもいいですが、それではよっぽどの強運の持ち主でない限りいつまでも勝てません。

勝つべくして勝つ。

それが勝ち組であり、相場で生き残れる投資家です。

最後にもう一度言います。

相場が動いていない時に考えて、売買ルールを作り込み、相場が動いている時はそれを実行するだけ・・・これが勝ち組マインドです。
10%と言われる勝ち組投資家は勝ち組マインドを持っている人です。
勝ち組マインドを持っていないにもかかわらず勝っている人は・・・いずれ90%側に回ってしまうかもしれません。
勝つべくして勝ちましょう。

最終的に勝てる売買ルールが体に染み付けば、感覚で株価に反応できるようになるでしょう。
ただ、その域に入るのはまだまだ先の話。
最初は最終的に勝てる売買ルールを作り込むことが大事です。

そんな大事な売買ルールの作り方は次回のメールでお届けしていきます。
少しお待ちください。