テクニカル分析は使えるのか?(短所・欠点を把握しよう)

テクニカル分析は使えるのかという疑問は常につきまといます。
このサイトでは有効であるとの立場を取っていますが欠点が多くあることも認識しておかなければなりません。
ここではあえて欠点、短所を最初に取り上げていきたいと思います。

テクニカル分析の短所・欠点

・唐突なニュースや決算発表に弱い

テクニカル分析で売買タイミングを捉えて投資をしていく上でもやはり、突然のニュースや決算発表、業績見通しの発表でテクニカル分析が機能しなくなることはありえます。

・一つのテクニカル指標だとダマシに合うことも多い

テクニカル分析では様々なテクニカル指標があることはお伝えしましたが、一つのテクニカル指標だけで投資しようとするとダマシに合うことが多くあります。

買いのシグナルだと考えて買い付けた株がそこを天井に下げトレンドに転じることもありえます。

実際に投資をしていく場合にはいくつかのテクニカル指標を合わせて売買タイミングを捉えたり、銘柄や相場に合わせて活用していくことが大事となります。

・出来高が少ない銘柄にはほとんど機能しない

テクニカル分析を行って投資をしていく際には前提として売買高がしっかりとあることが重要です。というのも、あまりにも出来高が少ない銘柄においては特定の投資家の影響を受けやすく、売りたい時に売ることが難しかったりします。テクニカル分析を行って投資をする銘柄は出来高がしっかりあるものを選びましょう。

・ワンテンポ遅れるテクニカル分析指標も非常に多い

テクニカル分析は過去の値動き、出来高を元に現状を把握していくものです。逆に言うと過去の値動きを参考にしているため、ワンテンポ遅れるテクニカル指標も多いです。出来高は株価に先行するというように出来高系のテクニカル指標は先行指標として使えると考えられている一方で、ダマシもありますし、その際は損切りせざるをえません。100%ミスなく使えて万能というテクニカル分析指標はないと言えるでしょう。

ただ、短所・欠点もあるが、有効性もあるからプロが使っているわけです。
当サイトは株式投資においてテクニカル分析はやはり重要であるとの立場です。

特に、投資というよりトレードというべき短期的売買で利益を狙う際はなおさらです。
テクニカル分析は過去の取引から現在の株価の状況が買われ過ぎなのか、売られ過ぎなのか、上昇トレンドなのか下落トレンドなのかをあらゆる指標を用いて分析していく方法です。

短期的なスイングトレードでは、業績やニュース、決算見通しで株を買うわけではありません。
現状の会社の中身ではなく、現在の株価の状況で買うか買わないかを決めていく必要があります。
そして、その判断にはやはりテクニカル分析は欠かせないと言えるでしょう。
テクニカル分析の弱点、欠点をしっかりと把握した上で、やはり有効に使えるケースが多く存在するのが事実です。
そうでなければプロは使いません。

相場で利益を上げ続けているトップトレーダーでテクニカル分析を使わないトレーダーは少ないのではないでしょうか。

だからこそ、テクニカル分析を使えるようになるまでしっかりと勉強していくことが大事です。
そのための当サイトです。

よって、「テクニカル分析は使えるのか?」に対する当サイトの一つの答えとしては

簡単には使いこなせないし、使えるようになったとしても万能ではない。
ただ、それはファンダメンタル分析を含めた全ての株式分析手法に言えること。
テクニカル分析手法をうまく使えるようになればその他大勢を出し抜いて、その他大勢より、よいパフォーマンスをあげられるようになるだろう。

⇒テクニカル分析入門
⇒テクニカル分析は使えるのか?(長所・短所)
⇒テクニカル分析の使い方

 

 

動画で学習!株の勉強メール講座【全7回】

PCメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください
 

   

【注意】※必ずお読みください
※あくまでも株式投資、テクニカル分析の勉強用であり、特定の銘柄、投資対象について特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でお願いします。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても当方は一切の責任を負いかねます。※当メルマガ登録でテクニカル分析メルマガと全7回スイングトレード勉強講座への登録となります。