ストキャスティクスとは(テクニカル分析・オシレーター系)

ストキャスティクスとは株価の売られ過ぎ、買われ過ぎを判断するオシレーター系の
テクニカル分析です。

また、ストキャスティクスは動きの速いファースト(%Kと%D)と動きの緩やかなスロー(SLOW%D)がありますがここではファーストを扱っていきます。

上昇相場では、終値が高値近辺で取引が終わる傾向があり、一方で下落相場では、終値は安値近辺で取引が終わる傾向がある、という前提のもと開発されました。

ストキャスティクスとは2本の線の関係から売買タイミングを捉えていくテクニカル分析となります。

2本の線とは

%K=(当日終値ー過去n日間の最安値)/(過去n日間の最高値-過去n日間の最安値)×100
(nは通常、5日が使用されます)
%D=(%k1+%k2+%k3+・・・%kn)/n
(nは通常、3日が使用されます)

となります。

見方としては30~70%以内で推移しているときは偏りはないと判断されることが多いかと思いますが、銘柄や相場状況に合わせてこの30、70の数字を20と80にするなど工夫することをお勧めします。 ストキャスティクスの使い方、見方は強い順に並べると一般的に以下のようになります。

ストキャスティクスの状況:投資判断の目安
%K・%D両線とも30%以下で%Kが%Dを下から上にクロス:強めの買いのサイン
%K30%以下:買いサイン
%K30~70:概ね中立
%K70%以上:売りサイン
%K・%D両線とも70%以上で%Kが%Dを上から下にクロス:強めの売りサイン

 

 

動画で学習!株の勉強メール講座【全7回】

PCメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください
 

   

【注意】※必ずお読みください
※あくまでも株式投資、テクニカル分析の勉強用であり、特定の銘柄、投資対象について特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でお願いします。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても当方は一切の責任を負いかねます。※当メルマガ登録でテクニカル分析メルマガと全7回スイングトレード勉強講座への登録となります。