RSIとは(テクニカル分析:オシレーター系)

RSIとは相対力指数と呼ばれているもので投資家の「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」の心理状況を把握して投資に生かすオシレーター系のテクニカル分析となります。
相場の一定期間の強弱関係を掴むわけですが計算式は以下のようになります。

RSI(相対力指数)(%)=(一定期間における上げ幅の合計値)/(一定期間における上げ幅の合計+一定期間の下げ幅)×100

この一定期間というのはどれぐらいの日数かということですが基本的には14日がよく使われますのでテクニカル分析一発くんにおいても14日を軸として算出しております。
RSIは0~100の%表示となり中間点が50となります。

一般的な使い方、見方として用いられるのは30を割り込むと売られ過ぎという評価になりそろそろ反発するのではと考えられ、一方70を超えてくると買われ過ぎの評価となりそろそろ反落するのではと考えるケースが多いようです。

ただ、銘柄に合わせてこの30とか70の数字は臨機応変に対応していく必要があります。

例えばある銘柄のチャートを見ると、よく25以下まで売られると反発するなとか、一度30を割り込んでも何度か割り込んでからようやく反発するケースなどがあります。
もし一度30を割り込んでも何度か割り込んでから反発することが多いチャートを見つけたとします。
そのときは最初からナンピン戦略を立てるのも有効かもしれません。

例えば最初30を割り込んだ時は予定している投資額の3分の1だけ投資してその後、30を割り込む事に残りの資金を投資していく戦略などが有効かもしれません。

★どういった相場に使えるか★

RSIは持ち合い相場に威力を発揮することが多いです。

相場全体が持ち合いで狙っている株も方向感に乏しい時はRSIで売られ過ぎを待って買いを入れるのもありかもしれませんね。
一方、既にトレンドが形成されていたり、ニュースがでて急騰、急落など一方向に動いているときはなかなかうまく使えないことが多いので注意が必要です。

RSIの数字:判断目安
RSI<30:売られ過ぎ
RSI30~40:少し売られ過ぎ
RSI40~60:だいたい中立
RSI60~70:少し買われ過ぎ
70<RSI:買われ過ぎ

 

 

動画で学習!株の勉強メール講座【全7回】

PCメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください
 

   

【注意】※必ずお読みください
※あくまでも株式投資、テクニカル分析の勉強用であり、特定の銘柄、投資対象について特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でお願いします。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても当方は一切の責任を負いかねます。※当メルマガ登録でテクニカル分析メルマガと全7回スイングトレード勉強講座への登録となります。