MACDとは(マックディーと呼びます)(テクニカル分析・トレンド系・オシレーター系)

MACDとは二つの線の関係とその位置から相場の周期とタイミングを捉えて売買の判断をしていくテクニカル分析となります。

MACDは個人的にはかなり使えるテクニカル分析のひとつかと思います。

ほとんどのテクニカル分析はトレンド系とオシレーター系に分類されますが、MACDは株価のトレンドと売買タイミングを両方を見ていくことができるのでトレンド系、オシレーター系両方の要素を併せ持っているといってもいいかと思います。

二つの線からトレンドと売買タイミングを見ていくわけですが二つの線とはMACDとシグナルのことで

MACD=短期EMA-長期EMA(短期と長期のEMAの乖離幅)
(短期は12日、長期は26日がよく使われます)
シグナル=MACDの平均(9日がよく使われます。)

のように計算されます。

計算式を覚える必要はありませんが使い方、見方はつかんでおきましょう。
一般的な使い方は以下のようになります。
上から強い順に並べており下に行けば行くほど売りのサインとなります。

MACDの状況:判断の目安
(MACDが0より下で)
MACDがシグナルを上抜けた時:買い転換のサイン
MACDが0ラインを上抜けた時:買いトレンド継続の強めのサイン
MACD>シグナル:買いトレンド継続中のサイン
MACD<シグナル:売りトレンド継続中のサイン
MACDが0ラインを下抜けたとき:売りトレンド継続の強めのサイン
(MACD0より上で)
MACDがシグナルを下抜けた時:売り転換のサイン

オシレーター系のように買われ過ぎ、売られ過ぎから判断して底値を狙うよりは底値からトレンド転換を株価が示してから買いサインが出るといったイメージとなります。

また、横ばい相場が続くとダマシが多くなることにも注意が必要となります。

かなりおすすめのテクニカル分析であることは言えますが他のテクニカル分析と合わせて使っていくとより精度が上がるでしょう。

 

 

動画で学習!株の勉強メール講座【全7回】

PCメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください
 

   

【注意】※必ずお読みください
※あくまでも株式投資、テクニカル分析の勉強用であり、特定の銘柄、投資対象について特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でお願いします。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても当方は一切の責任を負いかねます。※当メルマガ登録でテクニカル分析メルマガと全7回スイングトレード勉強講座への登録となります。