サイコロジカルラインとは(テクニカル分析:オシレーター系)

サイコロジカルラインとはその名のとおり「心理的な」という意味です。

使い方としてはテクニカル分析の中でオシレーター系の分析として使われます。

「心理的な」という意味のとおり、

「ここまで上昇したらさすがにそろそろ下落に転じるだろう」 とか
「ここまで下がったからそろそろ反発するだろう」

といった心理的なタイミングを指標として捉えることを目的としたものです。

ちなみに計算式は例えば上昇を○、下落を×として過去12日間の上下動が以下のようになったとします。(基本的に12日間を利用することが多いです。)

○○×○××○○○○○×

そうすると全12回のうち丸が8回ありますのでサイコロジカルラインは8÷12=66.66%となります。

見方とすると75を超えてくるとそろそろ下がるだろう
また25を下回ってくるとそろそろ反発するだろう

というように使われるのが一般的なようです。

心理的要素を取り入れており、面白いテクニカル分析のアプローチだなと思いますが実際に使用する際には、過去の値動きから有効に作用しているかどうか、その銘柄との相性を調べてから使うことをお勧めします。

また、サイコロジカルラインだけを投資判断とするのはお勧めできませんのでほかの指標とも合わせて利用していくようにしましょう。

サイコロジカルライン:投資判断の目安
25%以下:売られすぎ
25~75%:概ね中立
75%以上:買われすぎ

 

 

動画で学習!株の勉強メール講座【全7回】

PCメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください
 

   

【注意】※必ずお読みください
※あくまでも株式投資、テクニカル分析の勉強用であり、特定の銘柄、投資対象について特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でお願いします。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても当方は一切の責任を負いかねます。※当メルマガ登録でテクニカル分析メルマガと全7回スイングトレード勉強講座への登録となります。