ボリンジャーバンドとは②逆張り

ボリンジャーバンドとは株価移動平均線と標準偏差で構成され、移動平均線の上下に幅を持って表示されるテクニカル分析指標です。
ボリンジャーバンド①順張りはお読みいただきましたでしょうか?
両方合わせて読んでいただくことをお勧めします、というのも逆の売買サインが出ることが多いからです。

ボリンジャーバンドの前提として

ボリンジャーバンドの±1σの範囲内に収まる確率・・・約68.3%
ボリンジャーバンドの±2σの範囲内に収まる確率・・・約95.5%
ボリンジャーバンドの±3σの範囲内に収まる確率・・・約99.7%

というものがあります。
これは統計学からの計算ですが、今回はこの前提から逆張りで投資していく使い方を解説していきます。
順張りの使い方はボリンジャーバンド①をご参照ください。
株価は±2σの間に約96%、±3σの間に約99.7%収まるということなのでそれを超えたものは買われ過ぎ、売られ過ぎと判断して以下のような判断をしていくのが一般的です。

ボリンジャーバンド状況:判断の目安
株価が-3σ以下:強い買いサイン
株価が-2σ~-3σ:買いサイン
株価が-2σ~+2σ:中立
株価が+2σ~+3σ:売りサイン
株価が+3σ以上:強い売りサイン

上記のような手法がボリンジャーバンドの逆張りの使い方です。
ボリンジャーバンドでは順張りと逆張りの使い方で時に投資判断が全く逆のものが出てしまいます。
ではどう使い分けるか・・・。

株価がもみ合いの状態が続いてボリンジャーバンドが収束した後はボリンジャーバンド①順張りが有利となったりしますが、一方で逆張りはある程度のレンジ相場で有効となることが多いです。
実際、ボリンジャーバンドは上手く使い切れない人が多いテクニカル指標であるのも事実だと思います。
相場状況や、個別銘柄の過去の特性を確認して状況、銘柄に合わせた手法で投資していくようにしましょう。

 

 

動画で学習!株の勉強メール講座【全7回】

PCメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください
 

   

【注意】※必ずお読みください
※あくまでも株式投資、テクニカル分析の勉強用であり、特定の銘柄、投資対象について特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でお願いします。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても当方は一切の責任を負いかねます。※当メルマガ登録でテクニカル分析メルマガと全7回スイングトレード勉強講座への登録となります。