ボリンジャーバンドとは①順張り

ボリンジャーバンドとは株価移動平均線と標準偏差で構成され、移動平均線の上下に幅を持って表示されるテクニカル分析指標です。

ボリンジャーバンドの使い方は

①トレンドを重視し、順張りで投資していく際に使う使い方
②買われ過ぎ、売られ過ぎの目安として逆張りで投資していく際に使う使い方
の2種類の使い方があります。

今回のボリンジャーバンド①では順張りとして使う使い方を解説していきます。
逆張りの使い方はボリンジャーバンド②をご参照ください。
具体的な計算方法は省きますが統計学からボリンジャーバンドには以下のような前提があります。

ボリンジャーバンドの±1σの範囲内に収まる確率・・・約68.3%

ボリンジャーバンドの±2σの範囲内に収まる確率・・・約95.4%

ボリンジャーバンドの±3σの範囲内に収まる確率・・・約99.7%

ボリンジャーバンドは拡散、収束を繰り返すわけですが、順張りとしてボリンジャーバンドを使う際は、バンドの収束が長く続いた後に一方向に動き出すとその動き出した方向に大きく動いていくという前提で使っていきます。
ボリンジャーバンドが収束している時というのは、株価はもみ合いの状態で売りと買いがぶつかってどちらにも動き辛い状態です。

これが長い期間続いて、ついに力関係が崩れると一気に一方向に動く可能性が高いので順張りで投資するという作戦です。
これをボリンジャーバンド順張り作戦とすると

ボリンジャーバンド収束後、
+2σを上抜けたら買い
-2σを下抜けたら売り
という見方が有効な手段と見られています。
これが一般的な順張りのボリンジャーバンドの見方です。

ボリンジャーバンドの状況:投資判断の目安
+2σを上抜け:順張りとして買いのサイン
+2σ=株価:中立
+2σを下抜け:順張りとして売りのサイン

これに合わせて是非ボリンジャーバンド②も参照しておいてください。
同じボリンジャーバンドを使ったテクニカル分析でも前提条件が違うため、逆の投資判断となります。

 

 

動画で学習!株の勉強メール講座【全7回】

PCメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください
 

   

【注意】※必ずお読みください
※あくまでも株式投資、テクニカル分析の勉強用であり、特定の銘柄、投資対象について特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でお願いします。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても当方は一切の責任を負いかねます。※当メルマガ登録でテクニカル分析メルマガと全7回スイングトレード勉強講座への登録となります。