証券口座を使い分けるというナイス・アイディアについて考えてみる

証券口座を使い分けるというナイス・アイディアについて考えてみる

あなたはいくつの証券会社の口座を持っているでしょうか?

また、いくつの証券会社をの口座に実際にお金を入金してあるでしょうか?

証券口座は多ければ多いほど良いというわけではありませんが、目的や用途別によって使い分けるのも一手かと思わいます。

今回は、証券口座の使い分け方の事例をいくつか紹介してみたいと思います。

 

証券会社の口座の使い分け方事例①手数料

最も利用されるのが、手数料によって使い分ける使用方法かと思います。手数料自由化の流れを受けて、証券会社の手数料は非常に複雑化されております。300万円以下の投資金額の手数料はA証券が安いが300万円以上だとB証券の方が手数料が安いといったケースが多々見られます。かかる手数料によって使う証券会社を使い分けることは、有意義な使い分け方法と言えるでしょう。

 

証券会社の口座の使い分け方事例②塩漬け

塩漬け株の証券会社と再スタートの証券会社を分ける方法を取る人もいます。株勉強ドットコムでは、投資スクールを展開しているのですが、一度損した人がゼロから勉強し直して、これまでの損を取り返そうという人が多いです。そして、一度損した方は、塩漬け株を保有しているケースが多いです。

ゼロからスタートを切ると考えたときに、塩漬け株と同じ証券会社よりは心機一転、違う証券会社で始めるのもよいでしょう。

 

証券会社の口座の使い分け方事例③相場

投資する時の相場状況によって使い分けるという方法もあります。そして、この方法は非常に面白い方法だと思います。例えば、相場状況が上昇相場の時はA証券、膠着相場の時はB証券を利用するという方法ですが、最初に同じ金額を入れておけば、どちらの相場状況が得意なのかが非常にわかりやすいですね。

 

証券会社の口座の使い分け方事例④手法

③の使用方法と少し似ていますが、投資手法によって分ける方法もあります。例えば、ある人がブレイク手法による売買ルールと逆張り手法による売買ルールの2種類の売買ルールを運用する個人投資家だった場合、それぞれで証券口座を分けることによって、それぞれの得意不得意を把握することができます。これも③の時と同様、最初に同じ金額を入れておけば、どちらの投資手法が得意なのか、結果がはっきりとわかります。長期投資用の銘柄を買う証券口座と、短期投資用の銘柄を取引する証券口座を分ける人も多いようです。

 

証券会社の口座の使い分け方事例⑤障害

リスクヘッジのために証券口座を分けるケースもあります。最近は少なくなってきているとはいえ、未だにシステム障害は起こりえます。一つの証券会社に資金を入れてしまうと、もしもの時に使えないといった事態が引き起こりかねないので、というリスクヘッジの理由から複数の証券口座に資金をおいている人もいます。特にデイトレーダーの方はそうしている人が非常に多いです。

今回は5つの事例をもとに、証券口座の使い分け事例を紹介しましたが、紹介した以外にもいろいろな方法があるかもしれません。

証券口座の使い分けに正解はありません。ただ、せっかく選択肢がたくさんあるわけですから、いろいろな証券会社に口座を開いていろいろ工夫するとよいでしょう。

動画で学習!株の勉強メール講座【全7回】

 

PCメールアドレス: 

※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

 

【講座概要】

株取引をこれから始めようという方向けの無料メール講座です。
〇動画を含む、全7回のスイングトレード勉強講座
〇日経平均株価の急変動時のテクニカル分析レポート
を配信してまいります。
今、登録で
・PDF小冊子 「株式投資 天国と地獄」
・売買ルール3事例
などをプレゼント中です。

無料なので実際に投資を始める前に是非、学習してみて下さい。