株式投資で大損前にありがちな、時間軸変更とメンタルの話。

株式投資で大損前にありがちな、時間軸変更とメンタルの話。

大損は避けられるなら避けたいというのが個人投資家の想いだろう。

株式投資で大損する前にありがちな行動とメンタルを今回のコラムでは紹介しておきたい。

これらを勉強しておくことによって、避けられる大損があるかもしれない・・・。

 

時間軸を途中で変更してしまうという暴挙

株式投資で大損する前にありがちな行動として、まず覚えておきたいのは時間軸を勝手に変更してしまうという行動だ。

例えば、あなたは数日~1週間程度の短期のトレードで利益を狙うタイプのトレーダーだとしよう。

そうなると、日足のチャートを利用してトレードをしていくケースが多くなるはずだが、大事なのは、株購入時に日足チャートでタイミングを見計らってエントリーするなら、売りのタイミングも日足チャートで考えるべきということだ。

日足チャートでエントリーしながら週足チャートで売却を考えるといった時間軸の途中変更は避けたほうがよい。

あくまでも時間軸は一貫して考えるようにしていこう。

 

前の取引が損だったからそれを取り返そうとしてルールを変更してしまう

今回だけはもう少し利益を引っ張ろうと欲張ってしまう

これはメンタルの話になる。

株式投資の成否はメンタルが分けるといっても過言ではない。

それぐらいメンタルが大事なのだが、大損する前というのはどうしてもメンタルコントロールができずに躍起になってしまうケースが多いようだ。

相場ではあなたが、前の取引で損をしてようが利益を得ていようが関係ない。

あなたの心理状況など関係なく、そこにはただ値動きがあるだけだ。

そこに、勝手にあなたの都合をいれると大体待っているのは失敗取引となってしまうことだろう。

 

まとめ

大損というのは継続して利益を上げられるようになったトップトレーダーでも時々やってしまうことがあるという。

でも、そのきっかけというのは意外に些細なもの。

また、エントリーを失敗すると大損につながることも多いと聞く。

ぜひ、エントリーは慎重に、そして冷静に値動きに対応していきたいものだ。

動画で学習!株の勉強メール講座【全7回】

 

PCメールアドレス: 

※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

 

【講座概要】

株取引をこれから始めようという方向けの無料メール講座です。
〇動画を含む、全7回のスイングトレード勉強講座
〇日経平均株価の急変動時のテクニカル分析レポート
を配信してまいります。
今、登録で
・PDF小冊子 「株式投資 天国と地獄」
・売買ルール3事例
などをプレゼント中です。

無料なので実際に投資を始める前に是非、学習してみて下さい。