株式投資で稼ぐ人あるある、100万単位で足踏みするよね?

株式投資で稼ぐ人あるある、100万単位で足踏みするよね?

株式投資で、継続して利益を上げている人のあるある話を紹介したい。

勿論、株式投資で稼いでいる人全員が当てはまるわけではないが、かなりの確率で本日のコラム内容を経験したことがあるのではないだろうか?

 

100万円単位で注意しよう

株式投資で稼ぐ人のあるある話としてよく言われるのが、証券残高がキリがよい金額に来ると急に稼げなくなってしまったり、大損してしまうといった、よくないことが起こるという話だ。

例えば、あなたは、売買ルールを作成して、実践投資の段階となったとしよう。

300万円で投資をスタートさせて順調に資産を拡大することに成功、385万円ぐらいまで来た、こうなったら注意が必要だ。

300万円から株式投資をスタートさせて、400万円という節目、利益100万円を目前にしたまさにそうした時に事件が起きやすくなる。

 

キリがいい、その目前で起きやすい事件

証券残高300万円でスタートさせた株式投資で、証券残高400万円になる、まさにそうした時は、どうしても無理な投資をしやすくなるのが人というものだ。

利益100万円を突破したいという思いが強すぎるあまりに無理をしてしまう、そして、なぜか、そうした時に限って株の暴落などのこれまでに起こらなかったアクシデントが起きてしまうものなのだ。

偶然と言えば偶然。

でも、株式投資で稼いだ人の多くが、このキリがいい残高の目前で何かが起きた経験を持っている。

 

なぜ起きるのか?どうやって対処すればよいのか。

100万円単位の利益に慣れてきても、今度は1000万単位、例えば証券残高2000万円突破の瞬間などにまたしても事件に巻き込まれやすくなってしまう傾向があるようだ。

人によっては、なぜか、そういうタイミングでこそ、普段起きない相場の変調を感じるという人すらいる。

ただ、多くのケースでそれは偶然、ほとんどは心理的な側面が影響していると考えられる。

そう、株式投資はメンタルの勝負でもあるのだ。

対処方法の一つは、キリがいい数字を意図的になくしてしまうという方法がある。

例えば300万円で株式投資をスタートさせて385万円となった、そうしたら50万円出金させてしまうという方法である。

こうすれば、100万円単位を意識することなく、いつも通りの取引をやりやすくなる可能性がある。

 

それでも、頭では意識してしまうもの。

あらかじめ出金しておくことで、証券残高の「見た目」には、キリが良い数字でなくすことはできる。

でも、そうはいっても、結局頭の中では、「もうすぐキリがいい400万円突破だ」と分かってしまっているのもまた事実だろう。

そこで、キリがいい数字の突破時には通常よりも投資資金を抑えて静かに突破するという方法を考えてみたい。

1回当たりの投資資金が大きければ大きいほど、想定外が起きたときのドローダウンが大きくなる。

キリがよい金額を突破する時に、大損が起きる可能性が通常よりも高いということであれば、そうした時は、投資金額を通常よりも減らして、あえてゆっくりと、キリが良い数字を突破することは、有効な方法といえるかもしれない。

 

いかがだろう?

そこまでする必要があるのか?という声も聞こえてきそうだ。

でも、このキリがいい証券残高突破時に大損しやすいというのは、多くの稼いでいる投資家が何となく感じているあるある話だ。

備えあれば憂いなし、急がば回れの精神で、コツコツと稼いでいってもらいたい。

動画で学習!株の勉強メール講座【全7回】

 

PCメールアドレス: 

※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

 

【講座概要】

株取引をこれから始めようという方向けの無料メール講座です。
〇動画を含む、全7回のスイングトレード勉強講座
〇日経平均株価の急変動時のテクニカル分析レポート
を配信してまいります。
今、登録で
・PDF小冊子 「株式投資 天国と地獄」
・売買ルール3事例
などをプレゼント中です。

無料なので実際に投資を始める前に是非、学習してみて下さい。