どんな時も折りたたみ傘を持って投資すれば百戦危うからず!?

どんな時も折りたたみ傘を持って投資すれば百戦危うからず!?

あなたは、これまでに半年近くをかけてしっかりと検証と改善を繰り返し、ついにあなただけの、スペシャル売買ルールを完成させたとします。

あなたは、闇雲に投資をしていた時とは違い、自信をもって相場に挑む時がきたのです。

思い返すときっと、たくさんの無駄な損、出さなくていい損失を出してきたことでしょう。

ただ、苦労して売買ルールを作り終えたこれからは、まさにこれまでの損を回収するタイミングです。

さあ、取り返しましょう。

 

ちょっ、ちょっと待ったぁ!

期待値がプラスの売買ルール?自信アリ?

大いに結構です。

それがないと株式市場で継続して利益を上げることはまず不可能でしょうから。

あなたが、これまでにしてきた苦労は、きっと無駄ではないでしょう。

でも、それでも相場状況はどうなるかわかりません。

テクニカル指標や売買ルールをブラッシュアップさせて勝率や期待利益を0.1%でも上昇させることは大事ですが、実際に投資する時は勝率50%の気持ちで投資をしていくことをおすすめしたいのです。

株式投資で一番大事なのは損失コントロール、その準備をして相場に挑まなければ、もし、想定していないことが起きた時に大損をしてしまいかねません。

 

株価は上がるか、下がるかのいずれかになるだろう。

買った後しばらくして株価はどうなるでしょうか。

それに対する答えは

「上がるか下がるかのいずれかになるだろう」

としか答えようがないのです。

それが株式投資というものです。

実際は、あなたはテクニカル指標の勉強と売買ルール作りのブラッシュアップの日々を積み重ねてきたかもしれませんが、株価は上がるか下がるかの二択のいずれかになるという事実は忘れてはいけません。

 

明日の降水確率・・・?

例えば、天気予報で明日の降水確率は50%となっていたらどうしますか?

外出時に雨が降っていなかったとしても折りたたみ傘をもって外出するのではないでしょうか?

降水確率10%ならどうでしょう。

雨が降る可能性が低いとはいえ、いつ降ったとしてもおかしくはありません。

一応、折りたたみ傘を持って外出しましょう。

 

相場では常に折りたたみ傘をもって・・・

相場では常に折りたたみ傘を持っての外出をおすすめしたいのです。

雨が降ったとき、相場の世界で言うと、急に下落相場への転換が起きた時への対処法を持って投資していくことが大事なのです。

これが、スイングトレードで投資に挑む時に大事な考え方です。

しっかりとテクニカル分析の勉強をして、「期待値が高い」と自信の持てる売買ルールを作成できると、勝手に降水確率0%の気持ちで投資をしがちです。

でも、相場では100%勝てる状況などありえません。

備えあれば憂いなしということわざがあります。

慢心は墓穴を掘るということわざもあります。

どうか、株式投資をするときには「折り畳み傘」の準備を忘れないようにしたいものです。

その、「もしもに備える」心を忘れなければ、きっと大損を避けられるのではないでしょうか。

動画で学習!株の勉強メール講座【全7回】

 

PCメールアドレス: 

※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

 

【講座概要】

株取引をこれから始めようという方向けの無料メール講座です。
〇動画を含む、全7回のスイングトレード勉強講座
〇日経平均株価の急変動時のテクニカル分析レポート
を配信してまいります。
今、登録で
・PDF小冊子 「株式投資 天国と地獄」
・売買ルール3事例
などをプレゼント中です。

無料なので実際に投資を始める前に是非、学習してみて下さい。