人が株を売る時、その時のたった3パターンの心理状況とは?

人が株を売る時、その時のたった3パターンの心理状況とは?

あなたが株を買えるということは、誰かが株を売ってくれているということだ。

また、あなたが株を売れるということは、誰かが株を買ってくれているということだ。

今回のコラムでは人が株を売る時の思考回路3パターンを紹介しておきたい。

売り時3パターンの思考回路を理解し、下手な売りに巻き込まれて無駄に損する可能性を減らす、これが今回のコラムの狙いである。

また、今回のコラムを読んだ後には様々なチャートを見て、今のタイミングで株を売っている売り手は3パターンのうちのどのパターンを考えての「売り」なのかを考えてみてもらいたい。

チャートをパッと見て、売り手は3パターンのいずれかを理解できるようになると、株の腕前が上達することだろう。

 

人が株を売る時その1:利益確定

株を売る時として思いつくのが利益確定のための株売却パターンだろう。

はっきり言って利益確定の売りは怖くない。

というのも、利益確定の売りは、ここ最近株を買った人が利益となっているわけだから、高値更新中のように、株価が上昇している最中と考えられる。

あなたが既にその株を保有している場合でも、これから買うことを検討しているケースでも、所詮利益確定の売りしかないと思えるような、株価が高値を更新しているような段階であれば、強気の姿勢でも大丈夫かもしれない。

ただ、株価が下落に転じると売りそびれた人の戻り売り、投げ売りが待っている可能性があるので逃げ足だけは早くしよう。

 

人が株を売る時その2:戻り売り

株価が下落した後に少し反発してきた、そんな値動きの時はやれやれの売りが出やすい。

「戻り売り」ともいわれるが、株価下落後の反発は戻り売りをこなさないとそこから上には株価が上昇しない。

逆張りの投資手法で底値で株を拾ったトレーダーの利益確定も考えられるこの戻り売りの段階。

戻り売りの段階だなと思った時はそこで売っておいた方が正解となるケースが多いようだ。

というのも、この戻り売りの次の段階に来るのが

a、利益確定の売り

b、投げ売り

のいずれかの段階となる。

戻り売りをこなした後、aのパターンになればつまり、戻り売りをこなしてなお株価が上昇すればその上昇がしばらく続くケースもあるだろう。

だが、リスクを抑えるために、つまりbの投げ売りに巻き込まれないためには一度売っておくことがおすすめだ。

 

人が株を売る時その3:投げ売り

最も避けるべきがこの投げ売りに巻き込まれることだ。

投げ売りの時の投資家の心理状況としては、いくらでもいいからとにかくこの株を手放したい、という心理である。

スイングトレードで利益を上げるためには、まず、この投げ売りに巻き込まれないことが一番大事。

投げ売りが起きる前に株を売っておくように心がけよう。

逆張りの投資スタイルを考えている人も、投げ売りの最中に買うのではなく、投げ売りが出切った後に買うことが勝率を高める秘訣だ。

 

まとめ

このコラムを読み終わったら、是非、いくつかのチャートを見て少し考えてみてもらいたい。

今売っている売り手は、どういう考えで売っているのだろう?と。

今回のコラムで大事なのは

1、投げ売りに巻き込まれないようにしよう

2、投げ売り後は逆張り投資のチャンス

3、戻り売りの後に利益確定の売りの段階に行くとチャンス、逆に投げ売りの段階に行く可能性もあるから注意

4、利益確定売りは怖くない、でも、下落に転じてきたら要注意

といったところだろうか。

所詮、株価を動かしているのは人間だが、その人間がどう考えているのかをチャートを見て考えることも株の勉強と言えよう。

 

動画で学習!株の勉強メール講座【全7回】

 

PCメールアドレス: 

※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

 

【講座概要】

株取引をこれから始めようという方向けの無料メール講座です。
〇動画を含む、全7回のスイングトレード勉強講座
〇日経平均株価の急変動時のテクニカル分析レポート
を配信してまいります。
今、登録で
・PDF小冊子 「株式投資 天国と地獄」
・売買ルール3事例
などをプレゼント中です。

無料なので実際に投資を始める前に是非、学習してみて下さい。