株式投資で損する投資家、絶対に避けたい5つの特徴とは?

株式投資で損する投資家、絶対に避けたい5つの特徴とは?

株式投資で負ける投資家の特徴を考えてみると、下記の5つの特徴のいずれかに当てはまってしまうケースが多い。

そこで、これから株式投資で利益を狙うにあたって、損する投資家の特徴を勉強しておくことで、負けの要素をできる限り排除しておくことをおすすめしたい。

 

負ける投資家の特徴1:ロスカットできない

トップトレーダーでも勝率が5割を切っている人は珍しくないという。

結局勝ち組トレーダーは、数多く損しても一回あたりの損を小さくまとめることができるトレーダーであろう。

スイングトレードで大事なのが、損が小さいうちにロスカットできるというスキルだ。

ロスカットがうまくない、あるいはできない限りは勝ち組投資家は遠いのかもしれない。

 

負ける投資家の特徴2:複雑な売買ルールを作る

売買ルールはシンプルな方がよい。

初心者のうちは、損切りをしたくないあまり、完璧な売買ルールを作ろうとして、様々なテクニカル指標を組み合わせて複雑にしてしまう。

でも、売買ルールを複雑にすればするほど、条件に完璧に一致する売買タイミングは当然少なくなってしまう。

相場は生き物、まったく同じ相場は二度と来ないのだから売買ルールはシンプルなものがよいだろう。

数多くエントリー、数多く損切りをして最終的に利益になっている、そんな取引を狙うようにしたい。

 

負ける投資家の特徴3:勉強をしない

どの世界でも成功した人というのはすべからく努力家なものだ。

これは株式投資でも同じことだろう。

勉強をすることで1パーセント利益を引き伸ばせたなら、1パーセント損を減らせたなら、そんな小さい積み重ねが成否を分けるのかもしれない。

勉強は、相場で損することに比べればものすごく安上がりだ。

勉強で防げる損失は防いだほうがよいだろう。

 

負ける投資家の特徴4:運と実力をはきちがえる。

負けた取引について、検証する人は多いだろう。

では、勝った取引についてはいかがだろう?

たまたま運よく儲かった取引を実力と勘違いした時、いずれそのしっぺ返しをくらう可能性が高い。

勝って驕らず、負けて腐らずを心がけたい。

 

負ける投資家の特徴5:感情的になる

株で負けるときの原因、実は自滅が一番多いと言われている。

売買ルールが優れていても、相場が悪くなくても、つい熱くなってしまい、してはいけない取引をしてしまった、こんな経験は誰しもあるはず。

自分が熱くなっているなと感じたときは、危険信号かもしれない。

チャンスは逃してもまたきっとくる、熱くなっているなと感じたらPCを切ってリフレッシュしたほうが結局自分のためになるかも。

 

いかがだろう?

文章で読めば理解できると思うが、言うは易し、行うは難しというものだ。

もし、あなたに心当たりがある特徴があれば、損してしまう前に対策を練っておくことをおすすめしたい。

動画で学習!株の勉強メール講座【全7回】

 

PCメールアドレス: 

※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

 

【講座概要】

株取引をこれから始めようという方向けの無料メール講座です。
〇動画を含む、全7回のスイングトレード勉強講座
〇日経平均株価の急変動時のテクニカル分析レポート
を配信してまいります。
今、登録で
・PDF小冊子 「株式投資 天国と地獄」
・売買ルール3事例
などをプレゼント中です。

無料なので実際に投資を始める前に是非、学習してみて下さい。