株式投資と飲食店の3年後の生存率と、その類似点について。

株式投資と飲食店の3年後の生存率と、その類似点について。

飲食業界は生存率が極めて低いといわれており、開業3年後の生存率は2~3割以下とまでいわれている。

確かに飲食店では人件費や家賃、食材などの材料費や光熱費など維持していくだけでも固定費がかかり続けるため、生き残っていくのが難しいかもしれない。

では、株式投資はどうだろう?

 

株式投資の生存率とは?

株式投資の3年後の正確な生存率はわからないが、察するに1割程度ではないだろうか?

おそらくではあるが、飲食店よりも生存率が低くなるのではないだろうか。

固定費が飲食店ほどかかるわけではなくても、株式投資の世界で継続して生き続けるのはなかなか難しいといえるだろう。

 

生き残った飲食店とは・・・?

飲食業界の人に話を聞くと、どうも、飲食店で生き残るためには固定客、つまり常連さんをいかに数多く定着させるかが成否のカギを分けるようだ。

駅前の好立地なら一見さんだけでも商売ができるだろが、そこまでの好立地のケースは少ない。

飲食店を開業したら、しばらくは赤字覚悟で常連さんを作るのがまず必要といわれる。

常連さんが知人、友人を連れてこれば、その人達がまた常連さんに・・・という流れができる。

飲食店は当たれば儲かるといわれるが、その裏には開業後数年の地道な努力があったことだろう。

 

株式投資との類似点。

この生き残った飲食店に言えることで株式投資の世界でも同様に当てはまることがある。

株式投資も当たれば儲かる、でも継続して儲けるためには地道な努力がどうしても必要なのだ。

儲かるようになるまでに、売買ルールを試行錯誤しながら一生懸命研究することが大事なのだ。

生き残った投資家の多くは、努力家で研究熱心なものだ。

 

だからこその資金コントロール!!

飲食店でも株式投資でも継続して成功している人には、実は我慢の時期と地道な努力があるものだ。

そして、継続して成功するまでに少し時間がかかることも忘れてはいけない。

時間をかけて、いざ稼げるようになった時に、資金がないという事態は是が非でも避けなればならないだろう。

せっかく株式投資で経験を積んで、ここから稼げるという時に資金が枯渇していて勝負できないとならないように、勉強期間はあまり費用をかけず効率的に、稼げるようになった時にこそ勝負をかけれる、そんな資金コントロールをおすすめしたい。

 

動画で学習!株の勉強メール講座【全7回】

 

PCメールアドレス: 

※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

 

【講座概要】

株取引をこれから始めようという方向けの無料メール講座です。
〇動画を含む、全7回のスイングトレード勉強講座
〇日経平均株価の急変動時のテクニカル分析レポート
を配信してまいります。
今、登録で
・PDF小冊子 「株式投資 天国と地獄」
・売買ルール3事例
などをプレゼント中です。

無料なので実際に投資を始める前に是非、学習してみて下さい。