株式投資のテクニカル分析と完璧主義の不都合すぎる関係とは

株式投資のテクニカル分析と完璧主義の不都合すぎる関係とは

株式投資においてスイングトレードで利益を得ようとする限り、テクニカル分析の勉強は必要不可欠です。

スイングトレードでの利益を目指すと決めたならば、まずはテクニカル分析の勉強からスタートすることをおすすめします。

でも、このテクニカル分析の勉強をして、相場で利益を上げようとする場合、実は完璧主義だとうまくいかないケースが多くなってしまいます。

妥協して投資することは避けるべきですが、完璧主義すぎる投資もまた、避ける必要があります。

 

完璧なテクニカル指標はないという事実

そもそも、完璧なテクニカル指標など存在しません。

どんなテクニカル指標も弱点や欠点があるもので、要するに、いろいろなテクニカル指標を合わせて使っていくことでお互いの指標の欠点を補いあいながら売買ルールを作ることが大切です。

完璧主義に徹しては、売買ルールを作れません。

すべての取引で勝つことは不可能なのです。

負けを計算に入れて取引していくのが前提だということは忘れてはいけません。

 

テクニカル分析は奥が深すぎるという事実

一つ一つのテクニカル指標はとても奥が深いものです。

例えば一目均衡表やボリンジャーバンドというテクニカル指標を完璧に学ぼうとしたらそれだけで途方もない時間がかかってしまうことになります。

あくまでも、儲けることが目的であって、テクニカル分析の勉強自体を目的としないよう、注意が必要です。

 

全く同じ相場など存在しないという事実

これからスイングトレードで利益を上げる売買ルールを作成していくという方は「幅」の考え方を勉強しましょう。

例えば、売買ルールの買いのタイミングで、あまりにテクニカル指標の数値を細かく設定し過ぎると買いのタイミングがなかなか来ないばかりか、検証にも十分なデータが得られなくなります。

買いの売買ルールには、ある程度の「幅」を持たせることが大事なのです。

相場状況も個別銘柄の状況もすべて全く同じタイミングというのは今後二度と訪れないでしょう。

あまりにも細かい、完璧主義すぎる売買ルールではうまくいかないのです。

 

以上が、完璧主義とテクニカル分析の不都合な関係です。

完璧主義すぎるとスイングトレードで儲けることが難しくなる一方で、妥協し過ぎてもまたうまくいかないものです。

是非、適正な「幅」の感覚を身に着けられるよう、勉強を進めましょう。

動画で学習!株の勉強メール講座【全7回】

 

PCメールアドレス: 

※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

 

【講座概要】

株取引をこれから始めようという方向けの無料メール講座です。
〇動画を含む、全7回のスイングトレード勉強講座
〇日経平均株価の急変動時のテクニカル分析レポート
を配信してまいります。
今、登録で
・PDF小冊子 「株式投資 天国と地獄」
・売買ルール3事例
などをプレゼント中です。

無料なので実際に投資を始める前に是非、学習してみて下さい。