【おすすめ】取引した瞬間、勝負は既に決まっていると考える

【おすすめ】取引した瞬間、勝負は既に決まっていると考える

スイングトレードにおいて良い銘柄とは?

長期投資とデイトレードやスイングトレードなどの短期投資では「良い銘柄」の定義が異なります。

デイトレードやスイングトレードなどの短期投資における良い銘柄は、あくまでも買った後すぐに騰がる銘柄と考えましょう。

短期投資では、銘柄の勝負ではなくタイミングの勝負をしているためです。

 

そんなスイングトレードにおいて良いトレードとはどういったトレードなのか?

タイミングが大事になる短期投資において良いトレードとは、買った直後から利益が出始めるトレードです。

つまり、買った瞬間から株価が騰がっていくトレードこそ良いトレードなのです。

 

株式の短期狙いの投資経験がある方は今までにうまくいった取引を検証してみましょう。

そうすると、うまくいったケースでは大体、取引から間もなくから含み益が出始めてる含み益スタートの取引が多いはずです。

含み損スタートのトレードはなかなかうまくいかないものなのです。

だからこそタイミングをとらえるためのテクニカル分析の勉強が重要なのです。

 

取引した瞬間、勝負は既に決まっていると考える。

スイングトレードやデイトレードなどの短期投資においては買うタイミングを捉えることが重要ということは分かっていただけたでしょうか?

逆に言うと、買った瞬間に勝負は決まってしまっているとも言えます。

これは大事な考え方です。

取引した瞬間に下げ始めたら、そもそも買うタイミングを間違ってしまった可能性が高いと考えましょう。

勿論、せっかく騰がりだした株価もそのままうまくいくとは限らないので、相場状況の変化により下落に転じることもありえるわけですが、少なくとも、買うタイミングを間違えている取引はそれ以上傷口が広がる前に損切りしておいたほうが良いものです。

負けの取引だと分かったなら、とっとと損切りして次の銘柄、次のタイミングを狙いましょう。

 

動画で学習!株の勉強メール講座【全7回】

 

PCメールアドレス: 

※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

 

【講座概要】

株取引をこれから始めようという方向けの無料メール講座です。
〇動画を含む、全7回のスイングトレード勉強講座
〇日経平均株価の急変動時のテクニカル分析レポート
を配信してまいります。
今、登録で
・PDF小冊子 「株式投資 天国と地獄」
・売買ルール3事例
などをプレゼント中です。

無料なので実際に投資を始める前に是非、学習してみて下さい。