株初心者は絶対手を出すな、株式投資の信用取引の魅力と魔力

株初心者は絶対手を出すな、株式投資の信用取引の魅力と魔力

FX投資をしている人はレバレッジをかけて自分の資産以上の取引をする人が多いと思います。

株式投資でも信用取引を使うことでレバレッジをかけることも可能になりますが、その仕組みと注意点を勉強しましょう。

レバレッジとは・・・?

レバレッジとはテコの意味で他人資本を使うことで自己資本に対する利益率を上げることを狙います。

例えば25倍のレバレッジをかけるとします。

そうすると10万円の自己資金があったらそれを証拠金として250万円の取引をすることができるようになります。

自分が予想したとおりに動いたとして1パーセント利益となったらレバレッジをかけていないケースだと1000円の利益になるのに対して、25倍のレバレッジをかけると25000円の利益を手にできることとなるわけですね。

これが、レバレッジのメリットですが、一方で逆に動いたら思った以上の損となってしまうため、注意が必要となります。

株式投資でレバレッジをかけて投資する信用取引という方法

株式投資でもFXのように自己資金以上の取引をする方法として信用取引という方法があります。

FXの25倍とまではいきませんが、信用取引を利用することによって自己資金の3.3倍程度の取引ができるようになります。(信用取引口座開設には証券会社の審査があります。)

また、株式投資における信用取引には、自己資金以上の取引ができるだけでなく、もう一つ特徴があります。

株の信用取引の特徴・空売りという手法

株式投資では普通、先に株を買って、後で売ります。

信用取引ではこの逆、株を先に売って、後で買うことができるのです。

これが空売りと呼ばれる手法です。

この空売りという手法を身につければ、相場の下げ局面でも、先に株を売っておき、後で買い戻すことで利益を上げることが可能となります。

また、長期的には保有したい株価が一時的には下落するだろうと判断した時にその株を空売りすることで(つなぎ売り)保有株を手放すことなく、一時的な下落を利益に変えられます。

初心者はやめておくべき、株の信用取引という手法

以上が株式信用取引の特徴ですが、実は株初心者のうちはやめておいた方が良いでしょう。

まず、レバレッジをかけると損失が広がるスピードが本当に早く、また、損失を取り戻すことは非常に大変だからです。

例えば100万円が70万円になったとします。

つまり、30%の損ですが、70万円の資金で30万円の損を取り返すためには40%以上の利益を上げなければいけなくなる。

それは信用取引でなくて現物取引でも同様じゃないかという指摘もあるかもしれませんが、損失拡大のスピードが違うことに注意が必要です。

信用取引を使うのは安定して稼げるようになってからで良いわけで、株初心者のうちはやめておいた方が賢明でしょう。

一度使うとやめられないから最初はやめるべき

基本的に一度信用取引を使うと、その取引の結果が損であろうが利益であろうがなかなかやめることができなくなるものです。

例えば、信用取引を利用し、レバレッジをかけて投資した取引の結果が損だとすると、その損失を取り戻するためにはやはりレバレッジをかけざるを得ないと考えるのが一般的だからです。

先の例、100万円が70万円になったとしたら70万円の資金で取り戻すよりは100万円の資金で取り返したいと考えるものです。(その結果がまた損となったら・・・と考えるとやめておいた方がいいのですが。)

一方で利益となったケースでも、なかなかそこでやめることができません。

逆にもっと買っていればよかったとか、より資金を費やしたいとなってしまうのが一般的なのです。

バブル時には儲かるたびに資金をどんどんつぎ込んでいく人も多く、そうした人が結局一番打撃を食らってしまったと言います。

とにかく、この信用取引という代物は一度使うとなかなかやめられない魔力を持ったものと考えましょう。

信用取引を使うのは儲けられるようになってからでいいはずで、初心者から使うのはどう考えても得策ではないことが分かっていただけたでしょうか。

それでも空売りという手法は使えるのでは?

確かに空売りという手法は下げ相場で自分の資金を守るために、また下げ相場でも積極的に利益を狙うために使えるという考えもあります。

中級者以上になってきたら是非、活用していきたい手法といえるでしょう。

ただ、この空売りも初心者のうちは避けておいた方が良いものです。

買いから入る現物取引であればどれだけ負けたとしても投資した金額以上に負けることはありません。

ですが、空売りを試みたところ、株価がぐんぐん上昇してしまったらどうなるでしょうか?

損失金額は投資した金額を超える可能性だってあり得るわけです。

また、株式市場では公開買い付けという、現状の株価に数パーセントから数十パーセント上乗せした株価で買い取りますよというニュースが出る可能性だってあります。

相場格言に「買いは家まで、売りは命まで」という相場格言があることは無視できません。

勿論、初心者の域を脱して株取引に自信が持てるようになってこれば空売りという手法は使えます。

下げ相場の時の武器となりえるためですね。

また、レバレッジをかけることができれば、有用性の高い売買ルールができた時、資産拡大スピードを著しく上げることが可能となるでしょう。

ただ、これらはすべて中級者以上になったときにこそ活かせるメリットと考えられます。

初心者ではそもそもその相場分析が間違っている可能性もあります。

まずは、テクニカル分析を勉強して、買いから入る取引がうまくできるようになることを目指しましょう。

 

 

動画で学習!株の勉強メール講座【全7回】

 

PCメールアドレス: 

※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

 

【講座概要】

株取引をこれから始めようという方向けの無料メール講座です。
〇動画を含む、全7回のスイングトレード勉強講座
〇日経平均株価の急変動時のテクニカル分析レポート
を配信してまいります。
今、登録で
・PDF小冊子 「株式投資 天国と地獄」
・売買ルール3事例
などをプレゼント中です。

無料なので実際に投資を始める前に是非、学習してみて下さい。