サラリーマンが金持ちになるための計算式

サラリーマンが金持ちになるための計算式

日本の人口の約50%弱がサラリーマンと言われます。

非正規雇用者も含めると、会社をはじめ、組織に所属してそこから賃金を得ている人が日本では非常に多いということになるわけです。

日本の有業者数の多数を占めるサラリーマンが金持ちになるためにはどうしたらよいのでしょうか?

ここでは金持ちの定義は割愛させていただきますが、簡単に金融資産をたくさん持っている人というイメージで考えてみましょう。

そもそも「金持ち」という言葉から想像できるのは、代々金持ちで相続して金持ちになった人や、自ら事業を起こして会社を大きくした人、スポーツなどで非凡な才能を持った人、宝くじで当たって金持ちになった人ではないでしょうか?

一部の企業で業績変動型の給与体系によって給料で金持ちになる人もいなくはないでしょうが、どうもそうした人は少数派の気がしてなりません。

では、家が金持ちでもない、平凡なサラリーマンでありながら金持ちになるにはどうしたらよいのでしょうか。

平凡なサラリーマンが金持ちになるには・・・。

平凡なサラリーマンの金融資産の計算式は一般的に以下のようになります。

サラリーマンの金融資産=(給与-支出)+資産×運用利回り

簡単な式ですがこの一つ一つをブラッシュアップさせることがサラリーマンが金持ちになる近道と考えられます。

まず第一に給与を増やし支出を減らす。

これがサラリーマンが行うもっとも基本的でもっともとっかかりやすい方法です。

給与は昨今ではそう簡単には増えないからどうしても支出を減らすことに力を入れがちなのではないでしょうか?

昼ごはんは絶対ワンコイン以内とかコーヒー代を削って水筒を持ち歩くといった手法が(給与-支出)の絶対値を上げるためには大事かもしれません。

ただ、これだけではなかなか金持ちにはなれないはずです。

せいぜい他のサラリーマンよりも少しだけ金融資産があるというのが関の山でしょう。

資産×運用利回りに力を入れよう!

サラリーマンが金持ちになろうと決意した時はどうしてもここに力を入れざるを得ないのではないでしょうか。

勿論、そもそもの資産がないというサラリーマンの方は(給与-支出)の効率化を徹底させることによって資産を増やしてからにはなりますが・・・。

この段階で「資産×運用利回りに力を入れればよいのか、よしそうしよう」となるのはいいですが、注意点もあります。

それがリスクとリターンの話です。

運用利回りを上げようとするとどうしてもハイリスクハイリターンになりがちで、また、運用利回りは常にプラスになるとは限らないのです。

投資しても損する可能性があることだけは頭に入れておく必要があります。

サラリーマンが金持ちになるためにおすすめの考え方

サラリーマンというポジションを持ったまま、お金持ちになるためにはあなたにとってハイリスク過ぎない、だからと言って利回りが低すぎない、適切な運用利回りを保てるプランを作ることが欠かせないと考えられます。

高すぎず低すぎない、そしてプラスの運用利回りが得られるプランとは、例えばスイングトレードで期待値がプラスの売買ルールを作るということです。

そんなプランができたら、その運用利回りを保つ努力をしながらできる限り(給与-支出)で得られた剰余金を運用に回していくことになります。

勿論、すべての資金を一つの商品に投資するのはリスクが高いのである程度の貯金は必要ですが、サラリーマンで雇用されている限り、独立や起業で失敗して一文無しになるリスクは回避できているわけです。

必ずしも株のスイングトレードである必要はありませんが、是非、運用利回りを上げる努力を始めてみてはいかがでしょうか?

そして、その努力こそがきっとサラリーマンでありながら金持ちになる方法と言えるのではないでしょうか?

動画で学習!株の勉強メール講座【全7回】

 

PCメールアドレス: 

※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

 

【講座概要】

株取引をこれから始めようという方向けの無料メール講座です。
〇動画を含む、全7回のスイングトレード勉強講座
〇日経平均株価の急変動時のテクニカル分析レポート
を配信してまいります。
今、登録で
・PDF小冊子 「株式投資 天国と地獄」
・売買ルール3事例
などをプレゼント中です。

無料なので実際に投資を始める前に是非、学習してみて下さい。