【愛知県民注目】県民性と投資を考えてみる

お金に非常に細かい。
無駄遣いが嫌いだが、一方で結婚式では多額のお金を使うなど、強いこだわりがある。
ブランド品など価値がはっきりと分かるものが好き。

これらは、愛知県民の特徴としてよく言われることです。
県民性と投資の関係性や如何に?という今回の企画では愛知県を取り上げて、愛知県の県民性にふさわしい投資手法を勝手に提案してみようと思います。

愛知県の会社によく見られる経営手法においては、石橋を叩いて結局渡らないということらしいです。
え?渡らない?
石橋であること自体がリスクであるために、鉄筋コンクリート製の堅牢な橋でないと渡らないということでしょうか。
それでは投資なんてもってのほかと考えられます。

実は愛知県民は貯蓄が大好きで投資にはいたって臆病と言われます。
愛知県内の支店で営業をしていたという証券会社社員もこう話しています。
「とにかくリスク商品が売れない。愛知県のお客様が好むのは会社がつぶれない限り元本が保証されている社債や、せいぜい債券をメイン投資対象とした投資信託だね」と。

また別の証券会社社員はこう話しています。
「一時期会社で外国株式への取り組みを強化した時があったが、最初買おうか検討していると言っていたお客様も株の変動リスクに加えて為替の変動リスクなどを説明すると結局躊躇してしまう」

なるほど、たかが県民性と侮るなかれ、愛知県民にはリスクに対して確固たる信念とこだわりがあるのかもしれません。
そんな県民性を踏まえたうえで、それでも株式投資を行っていくと仮定するとどういった投資手法が良いのでしょうか?

一つには相場全体が大きく売られこまれた時に、資産と比べて株価が割安になった銘柄を仕込んでおく長期投資が考えられます。
そもそも、価値がはっきりしているものに投資をしていきたいというコダワリから考えると、トレンドに乗っかって利益を上げる投資手法よりは、売られすぎたところを拾う、逆張りの考え方がいいのかもしれません。

また、スイングトレードで考えると、売られすぎたところを拾っては株価が元の水準に戻ったときに売るという手法を繰り返す、細かく利益を拾う手法が向いているのかもしれません。
大きく利益を狙うよりも細かく利益を積み重ねて、一方で損切り幅はさらに小さくする・・・という堅実投資手法となることが考えられます。

もちろん、県民性だけで投資手法を決定することはできませんが、証券会社の社員の話などを聞く限り、県民性はある程度投資への考え方に影響を及ぼしているとも考えられるのではないでしょうか。
愛知県民に限らず、自分の性格を考えて愛知県民の県民性に似ていると感じた方は参考にしてみてはいかがでしょう?

(あくまでも筆者の個人的見解であり、実際の投資にはご自身の判断のもと行っていくようにしてください。当サイトの情報を元に投資を行って生じた損失についてはいかなる責任も負いかねます。)

動画で学習!株の勉強メール講座【全7回】

 

PCメールアドレス: 

※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

 

【講座概要】

株取引をこれから始めようという方向けの無料メール講座です。
〇動画を含む、全7回のスイングトレード勉強講座
〇日経平均株価の急変動時のテクニカル分析レポート
を配信してまいります。
今、登録で
・PDF小冊子 「株式投資 天国と地獄」
・売買ルール3事例
などをプレゼント中です。

無料なので実際に投資を始める前に是非、学習してみて下さい。