【株の短期投資】全てを終わらせる三大原因

株の短期投資、全てを終わらせる三大原因

株の短期投資に取り組んだ結果、取り返しのつかない損失を出してしまう人は現実にいます。
そんな大失敗につながってしまう可能性が高い原因には大きく三つがあります。
それがポジポジ病、損切りできない病、一発逆転病の三つです。

 

・ポジポジ病
株の短期投資は楽しいものです。
そして同時に、取引をしないと利益を得られないものでもあります。
これらを考えすぎるまり、多くの人がポジポジ病と呼ばれる病を発症させてしまうのです。
ポジポジ病はポジションを持ちたくて(株を保有したくて)しょうがなくなってしまい、実際に株を買ってしまうことを言います。

でも、株の短期投資で稼ぐために大切なことは、買うべき時に買い、売るべき時に売る事です。
株を保有して、その株価が上下しているのを見るのは確かに楽しいかもしれませんが、最終目的は楽しむことではないはずです。
利益を得るために、ポジポジ病は回避しましょう。

 

・損切りできない病
株の短期投資において、損切りできなければいつかは必ずと言っていいほど大失敗します。
一度や二度、損切りすべき時に損切りしなくて上手くいくことがあったとしても、そんなギャンブルを続けていれば最終的には大きな損失を出してしまうものです。

それどころか、いつもうまく損切りできていたとしても、たった一度だけ損切りできなかったがために全資産を失ってしまうことだってあり得ます。

損切りをできないのに株の短期投資に取り組んでいるのであれば、それはすなわち負けが確定しているゲームをやっていることと同意になります。

 

・一発逆転病
何回か負けが続いたり、一度想定以上の大きな損失を出してしまった時には一発逆転病に注意しましょう。
一発逆転病とは上下に大きく動いているようなギャンブル性の高い銘柄に投資をして、一発逆転の利益を狙うことを言います。

負けが続いた時や想定以上の損失が出た時になんとか取り返したいと考えてやってしまうものなのですが、負けが続いた時や想定以上の損失ができた時こそ、力を試されている時と考えましょう。

まず取り戻すべきは「お金」ではなく「調子」です。
調子を取り戻せれば自然とお金は取り戻せるはずですから、「取り返したい」と躍起にならないように注意しましょう。

ポジポジ病、損切りできない病、一発逆転病は儲けられないどころか、資産を大きく失ってしまう危険性が高いです。
これら3つの行動パターンをとってしまいそうになった時には、すぐにでもパソコンやスマートフォンの電源を切るか、証券会社においてあるお金を出金するなど、全力で避けるよう、務めましょう。

動画で学習!株の勉強メール講座【全7回】

 

PCメールアドレス: 

※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

 

【講座概要】

株取引をこれから始めようという方向けの無料メール講座です。
〇動画を含む、全7回のスイングトレード勉強講座
〇日経平均株価の急変動時のテクニカル分析レポート
を配信してまいります。
今、登録で
・PDF小冊子 「株式投資 天国と地獄」
・売買ルール3事例
などをプレゼント中です。

無料なので実際に投資を始める前に是非、学習してみて下さい。