NISA口座と株の短期投資

NISA口座と株の短期投資

2014年、軽減税率の撤廃に伴う措置として、一年間における投資元本100万円に対しての利益が非課税というNISA口座の制度がスタートしました。
その後2016年には非課税となる投資元本が一年間で120万円まで増額されたり、子供NISA口座がスタートするなど、若干の変更がありましたが、統計を見る限りあまり活発に利用されていないのが現状のようです。
NISA口座は、非課税枠を翌年に持ち越すことができない制度なので使わないともったいないとは言えますが、ただ、一方で株の短期投資との相性はよくないともいえます。

NISA口座についての詳しい説明はここでは割愛させていただきますが、NISA口座を株の短期投資で使う場合についての注意点について紹介しておきたいと思います。

≪損切りが遅れる可能性に注意≫
そもそも、損失のときには課税が課されません。
利益とならない限りNISA口座のメリットを得られないと考えるあまり、損切りが遅れてしまう危険性が考えられます。
短期投資で損切りができないことは致命傷になります。
NISA口座を有効に利用としすぎるあまり、損切りが遅れないように注意しましょう。

≪NISA口座の利用が目的になることに注意≫
非課税の枠は翌年に持ち越すことはできません。
今年の非課税枠は今年のうちに使う必要があるのです。
でも、
「せっかくだから利用しないと」
と考えすぎると、本当は買うべき時でないにもかかわらず手を出してしまう可能性があります。
買うべき時に買うことに集中しましょう。

以上のことを考えると、短期投資とNISA口座の相性は必ずしもよくないと考えられます。
NISA口座は、5年以内の利益であれば非課税になるので、安い時に株を購入して5年近くの時をかけて大きく上昇した際に有効に利用できるものと考えられます。
とはいえ、まったく使わないのはそれはそれでもったいないですが・・・。

動画で学習!株の勉強メール講座【全7回】

 

PCメールアドレス: 

※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

 

【講座概要】

株取引をこれから始めようという方向けの無料メール講座です。
〇動画を含む、全7回のスイングトレード勉強講座
〇日経平均株価の急変動時のテクニカル分析レポート
を配信してまいります。
今、登録で
・PDF小冊子 「株式投資 天国と地獄」
・売買ルール3事例
などをプレゼント中です。

無料なので実際に投資を始める前に是非、学習してみて下さい。