株のトレード中に注意すべき、重たい価格帯

株のトレード中に注意すべき、重たい価格帯

せっかく上昇傾向であっても、ある価格の近辺で頭打ちになったり、上昇が止まることがあります。
また、逆に下落傾向であっても、ある価格の近辺で下げ止まる、といったこともよくあります。
こうした価格は重たい価格帯で、上値の目処(メド)、下値の目処と呼ばれるのですが、ここでは上値目処、下値目処になりやすい価格帯について勉強しておきましょう。

 

≪高値や安値≫
例えば日経平均株価の直近高値が17500円だったとします。
そうすると保有している株を、日経平均株価が直近高値近辺の17500円近辺で売りたいと考える人が結構増えるものです。

逆に直近の安値が15500円だったとすると、この近辺で株を買いたいと考える人がいて、下値の目処になることがあります。
直近の高値や安値は上昇する際であっても下落する際であっても、値動きが少々鈍くなる、重たい価格帯になりやすいと考えられます。

 

≪キリの良い株価≫
キリの良い株価にも注意が必要です。
例えば、1000円ちょうどといったキリがいい株価は、どうしても意識されやすいものです。
100円単位のキリがいい数字や3桁から4桁になるような、節目となる株価には注意するようにしましょう。

 

≪過去に売買が多かった価格帯≫
過去によく売買されている価格帯は上値目処や下値目処になりやすいです。
出来高の推移を見て、出来高が膨らんでいる時の株価がいくらくらいなのかを確認しておくのもよいですし、お使いの証券会社のチャートツールによっては、価格帯別の売買高を示してくれるものもあるのでそれを利用するのもよいでしょう。

 

≪過去に何度か跳ね返された価格帯≫
高値や安値でなくても、直近の動きを見ると値動きが重たくなるなと感じる価格帯があれば注意が必要になります。
何度も跳ね返されていると、次にその水準に来た時にそこで売買しようと考える投資家が増えるためです。

 

重たい価格帯、例えば上値の目処直前で株を買うと、買った直後にその重たい価格帯に差し掛かって利益を取れないなんてこともありえます。
また、その価格帯を上に抜けた時に上昇が本物であると判断して株を買うという戦略もあります。
まずは日経平均株価のチャートを利用して、上値の目処や下値の目処を考えてみる練習からスタートしてみましょう。

 

動画で学習!株の勉強メール講座【全7回】

 

PCメールアドレス: 

※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

 

【講座概要】

株取引をこれから始めようという方向けの無料メール講座です。
〇動画を含む、全7回のスイングトレード勉強講座
〇日経平均株価の急変動時のテクニカル分析レポート
を配信してまいります。
今、登録で
・PDF小冊子 「株式投資 天国と地獄」
・売買ルール3事例
などをプレゼント中です。

無料なので実際に投資を始める前に是非、学習してみて下さい。