自動化を駆使する

株の短期投資、特にスイングトレードに取り組む人は会社員や主婦(夫)の方が多いはずです。
本業が他にある以上、相場をそこまで見ていられないはずです。
これは、不利なように見えて、実はそうでもありませんし、注文方法を工夫することによって、むしろ売買ルールを守りやすく有利な状況とも考えられます。

株の短期投資の注文は相場が動いていない時間にあらかじめ出しておくことをおすすめします。
利益確定注文であれば指値注文かトレイリングストップ注文を、損切であれば逆指値の成行売り注文をあらかじめ発注しておくのです。

決して、相場を見ながら、
「ここまで来たから利益確定しよう」
「この水準まで下がったから損切りしよう」
と考えながら注文を出してはいけません。
これらの方法、もちろん、上級者にはそうやって臨機応変に対応しながら注文を出す人もいますが、初心者にはまずおすすめできない方法です。

初心者のうちには注文は相場が動いていないときに発注しておいて自動化する事を基本としましょう。
自動化させる方法の方が本業への影響も少なく、売買ルールも守りやすくなるのです。

動画で学習!株の勉強メール講座【全7回】

 

PCメールアドレス: 

※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

 

【講座概要】

株取引をこれから始めようという方向けの無料メール講座です。
〇動画を含む、全7回のスイングトレード勉強講座
〇日経平均株価の急変動時のテクニカル分析レポート
を配信してまいります。
今、登録で
・PDF小冊子 「株式投資 天国と地獄」
・売買ルール3事例
などをプレゼント中です。

無料なので実際に投資を始める前に是非、学習してみて下さい。