グランビルの法則とダウ理論

グランビルの法則とダウ理論

ここでは、グランビルの法則とダウ理論について理解しておきましょう。

どちらも株の短期投資に取り組んでいるとよく目に入るものです。

≪グランビルの法則≫

グランビルの法則とはジョセフ・E・グランビルが考案したもので移動平均線と現在株価を組み合わせてその位置関係などから売買のタイミングを判断する方法のことを言います。

例えば次ページのチャートを見てください。

赤色の折れ線グラフがローソク足で緑色の滑らかな線が移動平均線と考えてください。

このチャートにおいて、買いのタイミング(赤色の丸で表示)が4つと売りのタイミング(青色の丸で表示)が4つの合計8つのタイミングがあります。

以下に、それぞれのタイミングについて簡単に解説しておりますのでチャートを見ながら確認してみてください。

買いのタイミング

1 移動平均線の下落が弱まりつつある段階でローソク足が移動平均線を下から上にゴールデンクロスしたタイミング。

2 ローソク足が移動平均線を下回ったものの、移動平均線が上昇に向かっている段階で一時的な調整局面のタイミング。 

3 移動平均線が上昇傾向で、かつ、ローソク足が下げてきたが移動平均線手前で反発したタイミング。

4 移動平均線が下落傾向で、ローソク足が移動平均線とかい離して大きく下落したタイミング。

売りのタイミング

1 移動平均線が上昇傾向で、ローソク足が移動平均線とかい離して大きく上昇したタイミング。

2 移動平均線の上昇が弱まりつつある段階でローソク足が移動平均線を上から下にデッドクロスしたタイミング。

3 ローソク足が移動平均線を上回ったものの、移動平均線が下落に向かっている段階で一時的な反発局面のタイミング。

4 移動平均線が下落傾向で、かつ、ローソク足が上げてきたが移動平均線手前で再度下落していくタイミング。

以上がグランビルの法則の概要になります。

実際にチャートを見てみるとグランビルの法則を踏襲しているようなチャートをきっと見つけることができるはずです。

是非、証券会社のチャートツールで探してみてください。

次はダウ理論です。

≪ダウ理論≫

ダウ理論とは市場におけるトレンドの値動きの呼び名のことを言います。

6つの基本法則からなるもので、テクニカル分析の元祖とも呼ばれている理論ですので、その6つの原則について簡単におさらいしておきましょう。

1 平均はすべての事象を織り込む

様々な経済指標や、天災などのあらゆる事象が価格に織り込まれることを示しております。

2 トレンドには三種類ある

・主要トレンド(1年~数年周期のサイクル)

・二次トレンド(3週間~3ヶ月のサイクル)

・小トレンド(3週未満のサイクル)

3 主要トレンドは三段階からなる

・先行の段階・・・価格が下落した後、悪材料出尽くしと読んだ投資家が底値買いを狙い、先行して買い始める時期

・追従の段階・・・価格が上昇し始めて追従型の投資家が買い始める時期。

・利益確定の段階・・・先行の段階で買い付けた投資家が売りに出て利益確定をする時期。一般的に上昇傾向が認識され、一般投資家が買い始める。

4 平均は相互に確認確認されなければならない

一つの指標ではなく、複数の指標が上昇方向に向かって初めて上昇トレンドと考えられる。

5 トレンドは出来高でも確認されなければならない

上昇トレンドの場合・・・出来高増=価格上昇 出来高減=価格下落

下落トレンドの場合・・・出来高増=価格下落 出来高減=価格上昇

と考えられる。

6 トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

トレンドに従った売買が基本であり、トレンドに逆らった売買は難しい。

以上がダウ理論の6つの原則とそれぞれについての簡単な説明です。

グランビルの法則とダウ理論を取引の際の投資判断に取り入れるかどうかは自由ですが、知っておいて損はないでしょう。

動画で学習!株の勉強メール講座【全7回】

 

PCメールアドレス: 

※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

 

【講座概要】

株取引をこれから始めようという方向けの無料メール講座です。
〇動画を含む、全7回のスイングトレード勉強講座
〇日経平均株価の急変動時のテクニカル分析レポート
を配信してまいります。
今、登録で
・PDF小冊子 「株式投資 天国と地獄」
・売買ルール3事例
などをプレゼント中です。

無料なので実際に投資を始める前に是非、学習してみて下さい。