株式の短期投資で稼ぐための心構え

株式の短期投資で稼ぐための心構え

短期投資に的を絞っての話をしていきたいと思います。

短期投資では、実はマインドがとても大事です。

どんなに知識を学習して短期投資で稼ぐためのスキルを上げたとしても、勝つために必要な正しい心構えを持って取り組まないと結局勝つことはできないものなのです。

短期投資、それも投資期間が短くなればなるほど、心構えの重要性が増します。

この記事ではまず、どんな心構えをもって株の短期投資に取り組めばよいかについて学んでいってください。

投資する前が9割

「株は習うより慣れよ」

そう考えていきなり投資をする人がいますが、これはまずい考え方です。

実際にお金を投じなくても学べる事は数多くありますし、投資する前にしっかりと準備をしてこそよい結果を得られるものなのです。

世界中には著名な投資家が数多くいますが、そのほとんどが投資前の調査や訓練に最重点をおいているものです。

是非、投資する前にしっかりと準備をして、そして、

「しっかり準備をしたから、勝てる自信がある」

という自信をもとに投資していだくことを心がけてもらいたいと思います。

少なくとも

「勝てるかわからないからやってみよう」

で取引をするのではないということです。

勝つためにやるべきこと

短期投資、その中でも特にスイングトレードで勝つために必要なことは実は大きく二つです。

その二つとは

・勝てると自信が持てる売買ルールを作る事

・その売買ルール通りに運用すること

の二つです。

売買ルールとは、「どんな相場状況の時に、どんな株を、どんなタイミングで買い、どんなタイミングで売るか」をルールにしておくことです。

株の短期投資で勝つためには、実際に投資する前に色々なシミュレーションや練習をしながら売買ルールを作ることがまず大事になります。

しっかりと準備をしてこれなら勝てる、という売買ルールを作り上げるのです。

そんな難しいことはなかなかできないと思うかもしれませんが、実は自信の持てる売買ルールを作り上げることはそこまで難しくないと思います。

売買ルール作りには是非取り組んでみてもらいたいと思いますし、少なくともいきなり投資するということはやめた方がよいでしょう。

勝てると自信が持てる売買ルールを作ることはそこまで難しくない一方で、二つ目の売買ルール通りに運用することは非常に難しいものです。

あらかじめ覚えておいてほしいのですが、せっかく売買ルールを作り上げても多くの人がそれを守ることができずに失敗してしまうものなのです。

例えば、損切りをするときにためらってしまって結局大きな損失になるという失敗も多いですし、あまりにもチャンスがこない時に売買ルールを逸脱して株を買ってみてしまって損するという失敗が多いものなのです。

ギャンブルと投資の違い

株式投資をギャンブルと同じように考える人は多いと思いますが、それでは株式投資で勝ち続けている人はただギャンブルに勝ち続けている人になってしまいます。

実際はそんなことはなく、勝ち続けている人は例外なく努力家であり、このことからも株式投資は努力によって勝てる可能性を高めることができるものと考えられます。

勝つために必要な努力や研究を投資前に積み重ねて、投資する際にその成果を発揮する、そんなイメージで取り組むとよいでしょう。

一方で、株式投資は取り組み方によってはギャンブルと同様になってしまいます。

もし、株の保有中にあなたが

「株価よ、なんとか上がってくれ」

とお祈りしながら株式投資に取り組んでいるのであればそれはギャンブルに近い考え方です。

短期投資で勝つために大事なことは

「上がってくれ」

とお祈りすることではなく、あらかじめ決めた売買ルール通りに対応することです。

短期投資の場合は、できる限り保有中に判断をしなくていいように準備をしておくことがおすすめです。

そして、これを実現すために必要なのが売買ルールなのです。

株の短期投資にギャンブルとして取り組むのか、それとも投資として取り組むのかは最初に決めてから取り組みましょう。

会社員、ちょっと忙しいぐらいがちょうどいい理由

「会社員で忙しいから株の短期投資は難しい」

そう考える人がいるかもしれませんが、株式投資は実は忙しくても取り組むことができますし、むしろちょっと忙しいぐらいが好都合と考えることもできます。

というのも、株式の短期投資はあまりに値動きを見ていると売買ルールを逸脱した取引をしてしまいやすくなり、結果として失敗しやすいのです。

前回の記事で注文方法について勉強していただきましたが、会社員など忙しい立場であっても、注文方法を駆使することによって株の短期投資に取り組むことは可能なはずです。

そればかりではなく、ちょっと忙しいぐらいの人の方が株の短期投資は向いていると考えて取り組むとよいでしょう。

勉強や売買ルール作りも、市場が動いていない平日の帰宅後や週末に取り組むことができます。

会社員で忙しいから株の短期投資は難しいと考えて諦めるのは少々もったいないのではないでしょうか。

売買ルールを作り終えたなら

テクニカル指標の勉強など、売買ルールを作る前に勉強すべきこともありますし、売買ルールを作るのにもそれなりの労力と期間がかかるものです。

そう考えると、少々取り組むのに二の足を踏んでしまいそうですが、売買ルールを作り上げてあとはその売買ルール通りに運用するだけの段階になれば、きっと資産が増える喜びを感じながら株式投資に取り組むことができるようになるはずです。

会社員の人が売買ルールを作り終えて、後はその売買ルール通りに運用するだけの段階になった状態について少しイメージしてみましょう。

7時  起床&準備

8時  家を出る

9時  出社

12時  昼休み

昼休み中に保有株の状況を確認。

前日に出しておいた指値注文に株価が到達していたために利益確定が完了していることを確認する。

13時~19時 仕事

20時 帰宅&食事など

21時 本日の相場のおさらい。利益確定をして保有株がなくなっため、次に買うべき銘柄を考える。

翌日

7時 起床

8時 家を出発

9時 出社前に寄付前の気配を確認

異常がなければ、昨日見つけておいた銘柄の買い注文発注

12時 昼休み

買い注文約定を確認。

株価下落リスクを勘案して、逆指値の成行売り注文を発注しておく。

いかがでしょうか。

会社員という立場ですから、本業の時間をおろそかにするわけにはいきませんが、昼休みや通勤前、帰宅後を利用して状況をチェックしながら銘柄を探したり注文を発注することで、十分対応することは可能なはずです。

株式の短期投資は資産を大きく増やせるという夢があります。

会社員であっても、時間を上手く使って是非取り組んでみてほしいと思います。

個人投資家のメリット

株式市場の参加者は初心者ばかりではありません。

プロ、外国人投資家、個人投資家、様々な人が日々真剣勝負を積み重ねているわけです。

そんな世界において、個人の初心者がいきなり勝負を挑んでもなかなか勝つのは難しそうですよね。

確かに、株の短期投資に専業で挑んでいるプロの投資家は情報も豊富でしょうし、使っているツールも最新鋭のものだと考えられます。

でも、プロ投資家になくて個人投資家にあるメリットもあります。

それが、個人投資家は投資をしたい時にだけ投資をすればよいというメリットです。

個人投資家はこのメリットを最大限に活かすことで、勝ちやすくなると考えられます。

プロの投資家は期間と目標が決められているものです。

これぐらいのパフォーマンスを出さなければいけない、そしてそのためには投資をする必要がある、といったように精神的なストレスを感じながら取引をしなければいけないわけですね。

一方で、個人投資家は、必ず投資しなければいけないわけではありません。

売買ルールに合致するような株を買うタイミングが来なければ、買わなければいいだけの話です。

「よし、このタイミングなら勝てる」

という自信があるタイミングだけ投資をすればよいわけですね。

また、勝てると自信が持てる売買ルールがなかなか作れなかったらどうでしょうか。

これも同様に取引しなければいい話です。

何しろ、売買ルールを作るまでの段階ではそんなにお金がかかるわけではないですから。

投資しないという選択肢を使える個人投資家のメリットは是非、頭に入れておくようにしましょう。

 

 

動画で学習!株の勉強メール講座【全7回】

 

PCメールアドレス: 

※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

 

【講座概要】

株取引をこれから始めようという方向けの無料メール講座です。
〇動画を含む、全7回のスイングトレード勉強講座
〇日経平均株価の急変動時のテクニカル分析レポート
を配信してまいります。
今、登録で
・PDF小冊子 「株式投資 天国と地獄」
・売買ルール3事例
などをプレゼント中です。

無料なので実際に投資を始める前に是非、学習してみて下さい。