株式の短期投資(スイングトレード)を始める準備

株式の短期投資(スイングトレード)を始める準備

この記事では短期投資に限らず株式投資に取り組む際に最低限知っておくべき知識と必要な準備を紹介しておきます。

既に株式投資に取り組んでいる人にとっては少々退屈な内容かもしれませんが、これから始めようという方は是非読んでみてください。

 

日経平均株価とTOPIX

短期投資に限らず、株式投資に取り組むのであれば日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)ぐらいは勉強しておきましょう。(ここで書いてあることぐらい学習しておけば大丈夫です。)

 

≪日経平均株価とは?≫

ニュースなどで、

「本日の日経平均株価は前日比〇〇円値下がりし・・・」

といった報道を見たことがある人は多いと思います。

株式投資に取り組む限りは、日経平均株価がどんなものであるかぐらいは学習しておきましょう。

日経平均株価(にっけいへいきんかぶか)とは日本の株式市場の代表的な指標の一つで、上場している会社のうち、日本を代表する225社を選んで指数にしているものです。

日経225と呼ばれたり、略して日経平均と呼ばれることもありますが、日本を代表するような企業で構成されているので、値動きを見ることで日本の株式市場全体の様子をなんとなく掴めると考えられます。

特徴としては値がさ株(ねがさかぶ)の影響を受けやすいという点が挙げられます。

値がさ株とは株価が高い銘柄のことであり、採用銘柄のうちで100円の株価の銘柄よりも10000円の株価の銘柄の影響を受けやすいということになります。

 

≪TOPIX(東証株価指数)とは?≫

次はTOPIXです。

日経平均株価が225社を選び出しているのに対して、TOPIXは東証一部に上場している全銘柄から算出しています。

なお、TOPIXは算出のために時価総額を使用することもあり、時価総額の大きい銘柄の影響を受けやすいという特徴があります。

短期投資では日経平均株価やTOPIXを相場の体温計として使っていくことになります。

日経平均株価やTOPIXの値動きから、株式市場全体が今どんな状況であるかを確認して、その状況に合わせた戦略で取引をしていくのです。

とりあえずは、日経平均株価もTOPIXも上がれば調子が良い、下がるのは調子が良くないといったイメージで構いません。

短期投資に取り組むのであれば、今後は日経平均株価やTOPIXの値動きに関するニュースなどにも少し耳を傾けるようにしていくとよいでしょう。

 

株式はいくらから買えるの?

株式は100株単位、1000株単位といった具合に、銘柄によって売買単位があります。(2018年10月までに全ての銘柄の売買単位を100株にする方針が公表されています。)

そのため、一単元の株を買うために必要な金額は株価×株数+売買手数料となります。

例えば、株価が1000円、売買単位(単元株式数)が100株の場合、買付けに最低限必要な金額は1000円×100株+売買手数料=100000円+売買手数料となるわけですね。

これが株式を始める際の基本になります。

ただ、最近では少額から株式投資にチャレンジできる方法もあるのでそちらも紹介しておきます。

 

≪ミニ株投資≫

まずはミニ株投資というものです。

こちらは証券会社が用意しているサービスで、単元未満の株を扱うことができるサービスです。

一単元買うのに数十万円必要な株も、その10分の1での金額から気軽に取り組めるといったメリットがあります。

注意点としては、指値注文(希望の値段になったら売るという注文方法)ができないケースがあったり、単元未満で優待がもらえないケース、またすべての銘柄でミニ株のサービスが提供されているわけではない点が挙げられます。

 

≪るいとう(株式累積投資)≫

るいとうは(株式累積投資)、毎月一定額の金額で特定の銘柄を買い続ける投資方法のことを言います。

売買単位と関係なく、例えば毎月1万円といった少額で取り組むことができます。

一定額の金額で買い続けることで株価が高い時には少ない数量を、株価が低い時にはたくさんの数量を買えるので結果として購入単価の平均が下がる(ドルコスト平均法といいます。)という効果が期待できます。

なお、るいとう(株式累積投資)は短期投資の考え方ではなく長期投資の考え方で取り組むことが基本となります。

ミニ株やるいとう(株式累積投資)のように、株式投資は少額からチャレンジすることができるようになっておりますが、タイミングが命となる短期投資の場合は、やはり単元株を売買することを基本と考えるべきです。

ミニ株だと指値注文ができないなどの制約が多いのがその理由です。

短期投資は売買単位ごとに取引することを前提に考えてスタートするようにしましょう。

 

短期投資、最初にどれぐらい用意すればいいの?

短期投資では、資産を効率よく回転させることによって、小さな資金からでも大きな資産を築ける可能性がありますが、ただ、そうはいっても最初に100万円ほどは用意してから始めることをおすすめします。

書籍や雑誌によっては「5万円からでも~」とか「10万円で始める~」といった、文言が並んでいますが、株の短期投資において5万円、10万円といった資金で稼げるようになるのは正直、至難の技です。

以下にその理由を紹介します。

 

≪銘柄の選択余地が少ない≫

確かに10万円以下で買える銘柄もありますが、やはり銘柄選択の幅は大きく狭まると考えられます。

株初心者から短期投資に取り組む場合、最初は日本を代表するような銘柄から取り組むことをおすすめですが、ただそうした銘柄の多くは一単元が10万円以上のケースが多いものです。

 

≪最初に数回負けたら取り返すのが大変≫

最初に10万円を用意して、10万円で買い付けられる銘柄に投資をしたとします。

その結果、10%、つまり1万円損したら、次は9万円で投資をしなければいけなくなります。

9万円の資金で1万円を取り返すことをを考えた場合、10%の利益では足りません。

ましてや最初に数回負けてしまったなら取り返すだけでも大変です。

最初に用意する資金はイコール投資資金ではいけません。

最初に用意する資金の一部で投資すると考えましょう。

 

≪勉強は安く効率的に、それでも多少のお金がかかる≫

ギャンブルと短期投資は違います。(もちろん、ギャンブル的に取り組むことはできますが…。)

短期投資に取り組む場合には投資前に勉強して勝てる可能性を高めてから取り組むことを強くおすすめしているのですが、その勉強には多少のお金がかかります。

書籍代などの費用が仮にトータル1万円かかると考えてみましょう。

もし投資資金が10万円であれば勉強代だけで10%もかかってしまうことになります。

多かれ少なかれ、勉強代にはお金がかかりますが、その資金を回収するためには10万円の投資資金は少ないと考えられるのです。

余談ですが、たまに株式投資のスクールで数十万円ものお金がかかるケースがありますが、自身の投資予定資金と照らし合わせるなどしてよく考えることをおすすめします。

投資資金100万円の予定で30万円の投資スクールと聞いたらどうでしょうか?

少々勉強代にかけすぎな感じがしますよね。

株の短期投資に取り組む場合、投資資金は必ずしも何百万円も貯める必要はないでしょう。

ただ、それでも最低100万円ぐらいは貯めてから始めることをおすすめします。

また、仮に今現在十分に投資予定資金がないとしても、貯めながら短期投資の勉強だけは始めることをおすすめします。

 

証券会社を勉強しよう(証券会社の選び方)

株式投資は証券会社を通して買うことになります。

当たり前ですが、どの証券会社を通して買っても、株の値動きに変わりはありません。

A証券で買った株はよく上昇する、なんてことはないわけです。

であれば、当然あなたの投資スタイルと相性の良い証券会社を選ぶ必要があります。

この項目では証券会社の選び方について解説していきます。

まず証券会社は大きく対面証券とネット証券に分かれます。

 

≪対面証券≫

対面証券は営業マンと相談して、アドバイスをもらいながら投資をすることができるというメリットがありますが、逆に言うと証券マンにとって都合のよいアドバイスになりがちというデメリットもあります。

また、人件費がかかることもあり、手数料が高くなりがちなので注意が必要です。

以上のことを考えると、これから資産形成をすることを目的とした短期投資よりも、ある程度の資産があってそれを守るために行う投資や長期投資との相性がよいのではないでしょうか。

もちろん、対面証券でもインターネットでの取引や割安な手数料に力を入れている証券会社もありますので、そうしたところであれば短期投資に取り組む場合にも利用しやすいと考えられます。

 

≪ネット専業証券≫

やはり、短期投資はネット証券を利用して取り組むことがおすすめです。

ネット証券はインターネットを通じて株の買い注文や売り注文を発注することになります。

パソコンに不慣れだと多少心配かもしれませんが、使ってみるとそこまで難しくはありません。

ここでは、さらに、ネット証券を選ぶ基準についても触れておきます。

 

・手数料

やはり、手数料はもっとも気にすべきところです。

投資金額に応じて手数料が安い証券会社は異なります。

例えば100万円以上ならA証券、100万円以下ならB証券が安いということもあります。

 

・多彩な注文方法

注文方法については本書でも紹介していきますが、例えば「逆指値注文」が用意されている証券会社を選ぶことがおすすめです。

多くの人は本業が他にありながら株の短期投資に取り組むケースが多いと思います。

取引時間外に注文を発注しておくので、多彩な注文方法が用意されている証券会社がきっと味方になってくれるはずです。

 

・使いやすい分析ツール

ネットの証券会社には様々な分析ツールが用意されています。

特に短期投資で取り組む場合には過去の値動きをグラフに表したチャートツールを利用することになるのですが、一口にチャートツールといっても証券会社によって使い勝手は大きく異なります。

チャートツールはあなたにとって使いやすい証券会社のものを利用し、注文を発注する証券会社は手数料と注文方法を重視して選ぶ、という方法もありでしょう。

 

なお、おすすめの使い方としては様々なネット証券会社で口座を開設してみることです。

チャートツールなどは使ってみないとわかりませんし、色々な証券会社を比べる際には口座開設時に送られてくる資料が便利だからです。

ネット証券の口座開設にお金がかかることはまずありませんので、次項の口座開設方法を参考にしながら口座開設を進めてみてください。

 

ネット証券で口座を開設しよう

ここでは一般的なネット証券の口座開設方法について簡単に解説してまいります。

 

1、インターネットでネット証券のページにアクセスします。

2、住所や氏名などを記入する

※本人確認書類と同様の住所、氏名を記入します。

※特定口座の「源泉徴収あり」を選択しておくと利益が出た場合の確定申告などに必要がないのでおすすめです。

3、本人確認書類、マイナンバー情報等の提出

4、郵送にて口座開設完了のログインパスワードなどが送られてくる

 

これが、口座開設までの流れのおおよそイメージです。

証券会社によっては手続きには多少の違いがありますが、口座開設そのものは特に難しくありませんので安心してください。

 

チャートツールを見てみよう

さて、口座開設が済んだら早速ログインしてチャートツールを見てみましょう。

いろいろなチャートを表示させてみて見やすさなどを確認するのです。

最初に様々なネット証券の口座を開設することをおすすめするのはこのチャートツールを見比べてほしいからという理由があります。

口座が開設できたとしてもいきなり投資してはいけません。

いきなり投資するのはギャンブルと同じですからね。

様々なネット証券で口座開設をして、使いやすいチャートツールを見つけたらそれを利用して株の短期投資の勉強をすすめていくことになります。

 

注文方法を勉強しよう

さて、ここでは基本的な注文方法について、いくつか勉強しておきましょう。

 

≪成行(なりゆき)注文≫

成行注文は

「いくらでもいいから買ってくれ」

「いくらでもいいから売ってくれ」

という注文方法です。

特に損切りをする際には、確実に「逃げる」ことが大事ですから成行注文がおすすめです。

 

≪指値注文≫

指値注文は

「この値段で買いたい」

「この値段で売りたい」

という注文方法です。

 

≪逆指値注文≫

逆指値注文は

「この金額以上になったら買い」

「この金額以下になったら売り」

という注文方法です。

これだけ聞くと逆指値なんか使わずに今の値段で買えばいいじゃないかと思うかもしれませんが、実は逆指値注文を使うメリットはあるのです。

例えばある銘柄の今の株価が970円の場合、1000円近辺で売りたいと考えている人が結構いる可能性があります。

その場合、1000円近辺まで上昇してはまた下落する、という動きを繰り返すことになります。

(ちなみに、この場合1000円を上値抵抗ラインと言ったりします。)

1000円近辺の攻防戦を繰り返して、最終的に1000円を上に突破したその後は勢いよく上昇していくという動きが結構あるのですが、これを狙う際には逆指値注文を使うことが有効です。

「1000円以上になったら1010円で買い」といった逆指値の指値注文を発注しておけば上値抵抗ラインを突破して上昇していく、その流れに乗って利益を上げる取引となる可能性があります。

また、損切りの注文は逆指値注文が有効となります。

先ほどの例で950円になったら損切りをしようと考えた場合に「950円以下になったら成行で売り」という逆指値の成行注文を出しておくわけです。

そうすれば、あなたが本業で忙しくしている間でも勝手に損切りをしておいてくれる、ということが可能になるわけですね。

 

≪トレイリングストップ注文≫

トレイリングストップ注文は高値から〇〇円下落したら売り、といった注文方法です。

逆指値注文によく似ていますが、逆指値の価格が株価の上昇に合わせて上昇していくという特徴があります。

現在の株価が970円の例で考えてみましょう。

仮に「50円下落したら売り」とした場合は920円になったら売り注文が執行されるわけですが、もし株価がぐんぐんと上昇して1100円になったらどうでしょうか?

そうなれば1100-50=1050円になったときに売り注文が執行されることになります。

トレイリングストップ注文は株価の上昇に合わせて逆指値を切り上げていく注文方法で、株を買った後にこのトレイリングストップ注文を発注しておけば損切りも利益確定も自動でやってくれることになります。

 

ここで紹介した以外にも注文方法は実に様々なものがありますし、また逆指値注文と通常の指値注文を合わせた注文方法などもあります。

この注文方法を使えば、損切りと利益確定の両方ができることになります。

多様な注文方法があることによって、株の短期投資は会社員や主婦の方など、本業が他にある方にも取り組めるようになっているわけです。

取引に使う証券会社を選ぶときには手数料ばかりに目が行きがちですが、ネット証券によって用意されている注文方法は異なることがあります。

手数料を比べるだけでなく、事前にどの注文方法を使いたいかについてよく考えて取引に使う証券会社を使うようにするようにしましょう。

動画で学習!株の勉強メール講座【全7回】

 

PCメールアドレス: 

※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

 

【講座概要】

株取引をこれから始めようという方向けの無料メール講座です。
〇動画を含む、全7回のスイングトレード勉強講座
〇日経平均株価の急変動時のテクニカル分析レポート
を配信してまいります。
今、登録で
・PDF小冊子 「株式投資 天国と地獄」
・売買ルール3事例
などをプレゼント中です。

無料なので実際に投資を始める前に是非、学習してみて下さい。