株で稼ぐノウハウ

株式投資とFX

本サイトでは、株式投資のスイングトレードをおすすめしているのですが、これにはいくつか理由があります。

というのも、サラリーマンや主婦の方、そして初心者の方にも取り組みやすい投資スタイルが株式投資のスイングトレードだと考えているためです。

投資対象として考える際、株式投資と並んで人気があるのがFXですね。

勿論、FXにはメリットもたくさんありますが、気を付けるべきこともあります。

例えば、基本的に為替は株式ほど大きくは動きません。

株式では一つの銘柄が毎日数パーセント動くことは普通ですが、為替が毎日数パーセントも動いたら一大事で、為替の一日の値動きは大体が1%以内の動きぐらいに収まるわけです。

そして、値動きが小さいので利益を得るためにレバレッジをかけるのが普通になります。

例えば、10万円の資金をもとに250万円の取引をするといった具合ですね。

確かに、レバレッジをかけることによって利益を得やすくもなるのですが、たまには先に述べた一大事の値動きになってしまうのです。

レバレッジをかけた状態で大きな値動きが、それも想定と逆の値動きが起きたら大きな損失になりかねません。

損切りを機械的に、それも確実に行うことが大事なのはFXに限った話ではありませんが、レバレッジのリスクは考えておく必要があります。

また、日本株式の取引時間は午前9時~11時半と午後12時半~15時となっておりますが、多くの人にとってこの時間は仕事で忙しい時間のはずです。

サラリーマンの方は当然仕事中でしょうし、主婦(夫)の方も家事に奔走している時間ではないでしょうか?

多くの人にとって株式投資のことばかり考えていられない時間だと思います。

これは一見デメリットのようですが、実はそうではないのです。

株式投資のスイングトレードで稼ぐためには

・これなら勝てると自信の持てる売買ルールを作ること

・その売買ルール通りに運用すること

の二つが大事ですが、取引時間中に値動きを見ながら注文を出すことができると、大体の場合感情による取引をしてしまいがちになり、失敗しやすくなるのです。

つまり、二つ目の極意である

・その売買ルール通りに運用すること

に失敗してしまうわけです。

ロスカットすべきところでもためらってしまったり、利益をもう少し引っ張るべきところなのに早めに利益確定をしてしまったり、と売買ルールを逸脱した取引をとってしまいがちになるのです。

その点、日中の忙しい時間が取引時間である株式投資は、じっくり相場を見たり、注文を出すことができず、結果として売買ルールを守りやすくなると考えられます。

注文の発注は取引時間外の夜にでもゆっくりと、冷静に行うようにしましょう。

FXは取引時間が平日は24時間続きますし、海外の経済指標の発表は時差の都合上、どうしても日本時間の深夜になりがちです。

取引時間が仕事時間とほぼ同じと考えられる日本株式への投資は経済指標の発表が気になってなかなか眠れないなんて事態もきっと減らせるはずです。

短期トレードのメリット

短期トレードは、資金を効率よく回転させることで、大きな金額を稼ぐことも可能になります。

また、軌道修正が図りやすいという点もメリットとして考えることができます。

例えば、長期投資だと、結果がでるまでに半年から数年ぐらい、時には数十年かかることがざらにあります。

でも、もしそれだけの長い期間をかけた結果、選んだ銘柄が間違っていたと分かったらどうでしょう。

そこから挽回するためにまた長い年月をかけなければいけないかもしれませんよね。

一方の短期投資は数日から数週間で結果が出ます。

良い取引ができた時はその調子で頑張ればよいですし、よくない取引であれば、その反省を生かして軌道修正を図りながら次の取引に挑めばよいわけです。

では、短期であればあるほどよいかというとそれもまた考えもので、サラリーマンがデイトレードに取り組もうとしても、これはなかなか難しいものです。

デイトレードは相場を見ながら一瞬のタイミングを見計らって取引したほうが有利な投資スタイルだからです。

長すぎず短すぎず、軌道修正を図りながら取り組むことができる株式投資のスイングトレードは、サラリーマンや主婦の方とも相性の良い投資スタイルと言えそうです。

稼げる自信ができてから取引を開始して、稼ぐ

スイングトレードで稼ぐために覚えておいてもらいたい考えが、

・稼げるようになってから稼ぐ

という考え方です。

まさに後出しじゃんけんのような考え方ですが、この考え方はインプットしておいてもらいたいと思います。

というのも、株式投資に取り組む多くの方が

・儲かりそうだからどんなもんかと思って投資した

というパターンなのです。

勿論、その結果上手くいくこともあるにはあるのですが、上手くいかなかったらただ、ギャンブルに負けて損失を出したのと同じになってしまいます。

株式投資には大きな夢があります。

時には、サラリーマンでは一生かかっても稼げない金額を稼ぎ出してしまえることだってあり得るのが株式投資です。

テンバガーと呼ばれるように、株価が10倍になる事例すらあります。

それも、半年という期間で株価が10倍になることだってあるのです。

せっかくそんな可能性を秘めた株式投資ですから、勉強する価値がきっとあるはずです。

・儲かりそうだからどんなもんかと思って投資

するのはなく、しっかりと勉強、研究して

・稼げる自信ができてから取引を開始して、稼ぐ

を目指しましょう。

損切りを徹底させるために行うこと

スイングトレードでは、すべての取引で勝つことはできません。

むしろ、半分以上は負けると思って取引する必要がありますし、半分以上負けても勝てる売買ルールを作ることが要求されます。

これから勉強をしていく過程で何度も聞くことになると思いますが、損小利大の売買ルールを作る必要があるのです。

損小利大とは、その名の通り、損失はできる限り小さくまとめて、利益はできるだけ引っ張るという考え方です。

これを実現することで、勝率が半分を割り込んでも勝てるようになるわけです。

ただ、損を小さく抑えることは実はとても難しいことです。

仮に損を絶対に2%以内に抑えるという売買ルールを作って取引をしたとしても、相場を見ながらあなた自身が損切り注文を出そうとすると、まずうまくいきません。

ほぼ例外なく、失敗という結果に終わります。

最初の何回かは売買ルール通りに損切りができたとしても、そのうちできないことが出てくるのです。

特に、一度含み益の状態を見た後に損切りをしなければいけない時などには、

「せめてトントンに戻ったタイミングで損切りしよう」

といったように、売買ルールに勝手に例外を作り出してしまいます。

例外があるなら、それも含めて売買ルールにしておくべきです。

利益を得ることを狙って取り組む投資活動において損切りを間違いなく敢行することはとても難しいと覚えておいてください。

ではどうするかというと、難しいことは自分でやらないようにするのです。

そう、自分でやるのではなく、自動でやらせるのです。

それが、逆指値注文という注文方法です。

証券会社に用意されている注文方法のひとつである逆指値注文は例えば、

・株価が500円以下になったら成り行き売却

という注文方法で、株価が下がったときに自動で損切り注文を発注してくれる注文方法です。

株を買った、そのタイミングで早速逆指値注文を入れておけば、損切りの準備ができたことになります。

この注文はセーフティーネットです。

あなたが、相場を見ていられなくても、株価が急落しても、自動で損切りを発注してくれるわけですから。

スイングトレードでは損切りを適切に行うことができずに大きな損失を抱えてしまうケースが多いです。

一方で、損切りを適切に行えるようになったから稼げるようになったという人もまた非常に多いのです。

勝つために、逆指値注文の活用をおすすめします。

※逆指値注文は用意されている証券会社と用意されていない証券会社があります。

取引に使う証券会社を選ぶ際には、手数料だけでなく、希望の注文方法が用意されているかどうかも加味して選ぶとよいでしょう。

結果を出すまで諦めないこと、そして…

言うまでもありませんが、株式投資のスイングトレードで大事なことは、1回の取引で確実に勝つことではなく、何度も取引をした結果、最終的に勝っていることです。

勿論、そこに行きつくまでは簡単ではありません。

でも、勝てるようになって着実に資産を築いている人がいるという事実があります。

主婦(夫)の方でもサラリーマンの方でも、スイングトレードで少しずつ利益を積み重ねている人はいるのです。

そうした人の特徴として、勝つまで諦めなかったことが挙げられます。

一回当たりの取引で期待できる損益を数パーセント改善させることができれば、最終的には莫大な利益を稼げる可能性があるスイングトレードですから、是非、諦めずに取り組んでもらいたいと思います。

また、結果を出すまであきらめないことと同時にもう一つ大事なことがあります。

それは、結果がでるまで資金を持たせることです。

しつこいようですが、スイングトレードでは資金を回転させることによって、稼げるときにはものすごいスピードで資産が増えます。

でも、稼げるようになる前に、大きな損失を出して資金を失ってしまっていたらどうでしょう?

当然稼ぐことはできませんよね。

「稼げる自信ができてから取引を開始して、稼ぐ」という言葉を紹介しましたが、そうやって取引を開始したとしても最初は少額資金から、少しずつ資金量(ロット)を上げていくことを強くおすすめします。

もうあと少しで稼げるようになったのに資金が枯渇してしまった…こうならないように、注意しながら取り組んでいくようにしましょう。

まとめ

この文章を読んでいるということは、株式投資に少なからず興味がある状態かと思います。

勿論、株式投資は簡単にすぐに稼げるようになるというわけではありませんが、少なくとも、稼げるようになって、着実に利益を上げている人が存在しているという事実はあります。

まずは、売買ルール作りから始めてみるのはいかがでしょうか?

安心してください。

売買ルール作りの段階では損しませんから。

もし、売買ルール作りが思うようにいかなかったらどうすればよいか?

投資しなければよいわけです。

では、売買ルール作りを進めた結果、これならば稼げると自信ができたらどうするか?

そうしたらいよいよ実際にお金を投じればよいわけです。

株式投資に限った話ではありませんが、自身の努力が結果に表れるのはとても大きな喜びがあるものです。

それが、資産拡大という目に見える結果だったらなおさらです。

また、資産形成を目指す会社員や主婦の方にとって、株式投資のスイングトレードは取り組む価値があるものだと考えております。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

動画で学習!株の勉強メール講座【全7回】

 

PCメールアドレス: 

※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

 

【講座概要】

株取引をこれから始めようという方向けの無料メール講座です。
〇動画を含む、全7回のスイングトレード勉強講座
〇日経平均株価の急変動時のテクニカル分析レポート
を配信してまいります。
今、登録で
・PDF小冊子 「株式投資 天国と地獄」
・売買ルール3事例
などをプレゼント中です。

無料なので実際に投資を始める前に是非、学習してみて下さい。