2016年10月14日の日経平均株価テクニカル分析

2016年10月14日の日経平均株価テクニカル分析

こんばんは。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

さて、相場は相変わらずの低商いが続いております。

値動きも相変わらず17000円近辺の重たさが感じられます。

為替は104円近辺まで円安が進んでいますが、 米国の株安もあいまって、方向感が乏しいです。

そんなどっちつかずの日経平均について、 テクニカル面からみておきましょう。

10月14日の日経平均株価:16856.37(+82.13)

日経平均株価の寄与率が高いファストリ〈9983〉が5%近い上昇。

ただ、前日の米国は安かったですし、週末要因もあり、 積極的な買いは控えられました。

一目均衡表で見る日経平均株価

一目均衡表を見る限り、 トレンドは上昇トレンドを示しているように見えますが、それでも17000円は意識されるところ。

トレンドは膠着と考えておいた方がよさそうです。

MACDで見る日経平均株価

MACDはデッドクロスに注意しておく必要はありますが、 現状は、上昇トレンド維持と考えられそうです。

RSIで見る日経平均株価

現状のRSIは52.5です。

買われすぎでも売られすぎでもないと考えられます。

東証一部売買代金は?

東証一部の売買代金は今週は2兆円割ればかりです。

もう少し盛り上がってほしいところです。

まとめ

銘柄によっては短期的な上下動がありますが、 相場全体としては、方向感に乏しい展開が続いております。

現状の売買代金を考えると積極的に買っていくというよりは、 細かい利幅を稼ぐ、そんな投資家が多い感じですね。

膠着状態が長い期間続くと、その後のトレンドは大きなものになりやすいものです。

膠着状態で銘柄を選びながらこつこつ積み上げるか、 次なるトレンド発生を待つか、売買ルール通りの取引を心がけましょう。

動画で学習!株の勉強メール講座【全7回】

 

PCメールアドレス: 

※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

 

【講座概要】

株取引をこれから始めようという方向けの無料メール講座です。
〇動画を含む、全7回のスイングトレード勉強講座
〇日経平均株価の急変動時のテクニカル分析レポート
を配信してまいります。
今、登録で
・PDF小冊子 「株式投資 天国と地獄」
・売買ルール3事例
などをプレゼント中です。

無料なので実際に投資を始める前に是非、学習してみて下さい。