2016年9月23日の日経平均株価テクニカル分析

2016年9月23日の日経平均株価テクニカル分析

 

本日の日経平均株価は53.60円安の16754.02円でした。

米国の利上げ先送りによって為替が円高に進み、 16800円近辺から先は買いが入らない展開でした。

相場全体に迷いがある感じがあります。

現状についてテクニカル面からおさらいしておきましょう。

9月23日の日経平均株価:16754.02(+53.60)

場中には一時的にプラスになるときもありましたが、為替の円高が重しになった展開です。

17000円も控えていますし、週末ということも一因でしょう。

一目均衡表で見る日経平均株価

基本は膠着状態と見えます。

今後、基準線と転換線の関係がゴールデンクロスしてきても、17000円は重たそうですから、注意しておきましょう。

MACDで見る日経平均株価

下降トレンドでしたが、MACDは下げ止まりつつあります。

今後ゴールデンクロスしてくることも考えられます。

RSIで見る日経平均株価

現状は44.1なので、ほぼ中立と考えられそうです。

東証一部売買代金は?

今週は

月曜 休日

火曜→約2兆749億円

水曜→約2兆7152億円

木曜 休日

金曜→約2兆2327億円

となっております。

特に水曜日は日銀の政策発表で盛り上がりを見せました。

次こそ17000円の突破を期待したいところです。

まとめ

米国の利上げ延期で、為替が円高傾向ではありますが、日足チャート、テクニカル指標を見る限りは、相場は悲観ばかりではなさそうです。

膠着状態が前提ですが、今後マックディーや一目均衡表でゴールデンクロスしてくると、17000円を上抜けて上昇トレンド入りすることも考えられます。

何度も跳ね返された17000円ですが、逆に何度もチャレンジしているからこそ、少しずつブレイクの可能性も高まっているとも考えられます。

来週に期待したいところです。

動画で学習!株の勉強メール講座【全7回】

 

PCメールアドレス: 

※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

 

【講座概要】

株取引をこれから始めようという方向けの無料メール講座です。
〇動画を含む、全7回のスイングトレード勉強講座
〇日経平均株価の急変動時のテクニカル分析レポート
を配信してまいります。
今、登録で
・PDF小冊子 「株式投資 天国と地獄」
・売買ルール3事例
などをプレゼント中です。

無料なので実際に投資を始める前に是非、学習してみて下さい。