2016年7月8日の日経平均株価テクニカル分析

2016年7月8日の日経平均株価テクニカル分析

本日の日経平均株価は続落。

朝方は買いが入ったものの、売られて引ける展開となり、本日の安値近辺で引けました。

今日は米国雇用統計の発表も予定されております。

また、10日の日曜日には参院選挙も控えております。

週末&イベント前で積極的な買いが控えられたこと、そして、円高方向から手じまい売りで売られた展開となりました。

7月8日の日経平均株価:15106.98(前日比-169.26)

結局本日で4日続落となりました。

雇用統計の結果も気になるところですが、テクニカル面からみると、15000円という節目が間近です。

ここをしっかりと割ってさらに売られるとなると、少々怖いですね。

週足のチャートをみると、投げ売りのリスクを感じます。

※見てみてください。

一目均衡表で見る日経平均株価

こちらは相変わらずの下降トレンドを示しております。

下値の目処、15000円が割られることも想定しておきましょう。

MACDで見る日経平均株価

せっかくゴールデンクロスしたMACDですが、4日続落もあり、デッドクロス。

結局また下落トレンドを示しております。

RSIで見る日経平均株価

下降トレンドでも売られすぎの水準なら心配ない、と考えたいところですがRSIは36.8。

多少売られている印象は受けるものの、下値余地はまだありそうです。

東証一部売買代金は?

今週の東証一部売買代金を見ておきましょう。

月→約1兆6022億円

火→約1兆5774億円

水→約2兆2305億円

木→約1兆8578億円

金→2約588兆億円

商いは増えておらず、積極的に売りたい、積極的に買いたい、のいずれでもない投資家が多そうです。

まとめ

相場は迷っている状況ですが、下落トレンドの最中ということには変わりはなさそうです。

本日発表予定の米国雇用統計の結果、そして、為替によって来週動きが出てきそうです。

下落トレンド、海外要因などのニュースに左右されやすいことは考えたうえで、無理せずトレードしていくことがおすすめです。

スイングトレードをするには少々やりずらい相場が続きますが、個人投資家はチャンスと思った時だけトレードすればいいわけですから、慎重に「その時」を待ちましょう。

動画で学習!株の勉強メール講座【全7回】

 

PCメールアドレス: 

※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

 

【講座概要】

株取引をこれから始めようという方向けの無料メール講座です。
〇動画を含む、全7回のスイングトレード勉強講座
〇日経平均株価の急変動時のテクニカル分析レポート
を配信してまいります。
今、登録で
・PDF小冊子 「株式投資 天国と地獄」
・売買ルール3事例
などをプレゼント中です。

無料なので実際に投資を始める前に是非、学習してみて下さい。