2016年5月20日の日経平均株価テクニカル分析

2016年5月20日の日経平均株価テクニカル分析

海外市場の下落を受けて安く始まった本日の日経平均ですが、為替の安定もあり、徐々に買われる展開。

終値は16736.35円となり、17000円をうかがう展開となりました。

来週は17000円を上抜けられるのか、現状のテクニカル指標を確認しておきましょう。

■本日(5月20日)の日経平均株価:16736.35円(+89.69)

朝方は海外の株安を受けて安く始まった日経平均ですが、徐々に買われていきました。

ただ、積極的に買われる展開とは言えず、16750円以上では売りが待っている、そんな状況に見えました。

一目均衡表は?

一目均衡表を見る限りは上昇トレンドに見えますね。

先行スパン(雲)は現在の株価の下にありますし、遅行スパンも上向きです。

基準線と転換線の関係も上に向かいたがっているように見えます。

MACDは?

さて、MACDは方向感が乏しく見えます。

上に行きたいようにも見えますが、0ライン近辺でのもみ合いが続いています。

RSIは?

RSIは37と、40を割り込んでいます。

少し売られている感じを示す位置ですが、上にもしたにも余地ありです。

東証一部売買代金

今週の東証一部の売買代金を見てみましょう。

16日(月)約1兆9332億円

17日(火)約1兆8989億円

18日(水)約2兆3367億円

19日(木)約1兆9228億円

20日(金)約1兆8832億円

2兆円を割れるぐらいの低商いが続いております。

これでは上昇するにはパワー不足感が否めません。

まとめ

引き続き、方向感の乏しい膠着状態が続いていると考えられます。

調子がよかったマザーズ指数も崩れたり、と個別銘柄にもやりづらさが伴う相場状況と言えますね。

しばらくは

下値16300~16400円近辺

上値16800~16900円近辺

が意識されるのではないでしょうか?

膠着状態が長ければ長いほど、薄商いが続けば続くほど、その後のトレンドがダイナミックになりがちなものです。

ピンチとチャンスに備えておきましょう。

動画で学習!株の勉強メール講座【全7回】

 

PCメールアドレス: 

※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

 

【講座概要】

株取引をこれから始めようという方向けの無料メール講座です。
〇動画を含む、全7回のスイングトレード勉強講座
〇日経平均株価の急変動時のテクニカル分析レポート
を配信してまいります。
今、登録で
・PDF小冊子 「株式投資 天国と地獄」
・売買ルール3事例
などをプレゼント中です。

無料なので実際に投資を始める前に是非、学習してみて下さい。