2016年5月13日の日経平均株価テクニカル分析

2016年5月13日の日経平均株価テクニカル分析

本日の日経平均株価は前日よりも234円安、16412円となりました。

寄付はSQ値算出に伴う先物買いが見られたようですが、その後は急速に下落。

16500円も下回り、始値=高値&ほぼ安値引けの形になってしまいました。

現状をテクニカル面から見ておきましょう。

本日(5月13日)の日経平均株価:16412.21円(-234.13)

寄り付きは先物にも買いが入り、16804円でした。

ただ、そこが本日の高値。

5営業日連続での上昇だったこと、週末要因ということもあり、徐々に売られていく展開で結局は234円安となりました。

一目均衡表は?

一目均衡表を見る限り、トレンドは形成されていないように見えます。

また、現在株価は先行スパンの下限で止まっています。

なんとか、16000円のラインはキープしてもらいたいところでしょうか。

ただ、相場全体が膠着状態の時には個別株に有利なこともありますので、スイングトレードに取り組むにあたって必ずしも悪い相場ではなさそうです。

MACDは?

せっかくゴールデンクロスしそうだったMACDも小休止です。

どちらに動くのか迷っているような、そんな動きに見えますね。

RSIは?

本日のRSIは、42です。

234円安とはいえ、一気に売られすぎの水準まではいきません。

まだ下値余地はありそうと考えた方がよいでしょう。

東証一部売買代金

値動きの割に低商いが続いておりましたが、本日は約2兆5395億円となりました。

朝方より400円下落したこともあり、本日は少々膨らんだようです。

せっかくなら上昇の時に膨らんでもらいたいところですね。

まとめ

引き続き相場全体は方向感に乏しいといえそうです。

相場全体の流れに乗る売買ルールだと難しいかもしれません。

ただ、相場全体が動かなくても個別株で動くことはよくあります。

事実、本日マザーズ指数は上昇しております。

勿論、新興市場の株式特有リスクを伴う可能性もあるので、

・上がってる、チャンスだ

と単純に飛び乗るはやめましょう。

十分に検証した売買ルールをもとに、稼げる、その自信があるときに稼ぐようにして、間違ってもギャンブルトレードにならないように注意です。

動画で学習!株の勉強メール講座【全7回】

 

PCメールアドレス: 

※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

 

【講座概要】

株取引をこれから始めようという方向けの無料メール講座です。
〇動画を含む、全7回のスイングトレード勉強講座
〇日経平均株価の急変動時のテクニカル分析レポート
を配信してまいります。
今、登録で
・PDF小冊子 「株式投資 天国と地獄」
・売買ルール3事例
などをプレゼント中です。

無料なので実際に投資を始める前に是非、学習してみて下さい。