2016年4月15日の日経平均株価テクニカル分析

2016年4月15日の日経平均株価テクニカル分析

日経平均株価は一昨日、昨日と二日連続大幅上昇。

本日は63円程調整しましたが、16848.03円。

17000円間近まで迫っております。

原油価格の持ち直しや円高一服、明るい材料が株価を押し上げてくれましたが、今後も上昇が続くのでしょうか?

現状をテクニカル面から確認しておきましょう。

■本日(4月15日)の日経平均株価:16848.03円(-63.02)

二日連続で大幅に上昇してきており、利益確定売りも出て寄り付きは190.66円安でした。

ただ、実はこの寄り付きが本日の安値。

その後は徐々に株価は持ち直し、17000近辺では跳ね返されるものの、結局は63円安の引けとなりました。

一目均衡表は?

一目均衡表は膠着状態を示していると見えます。

ローソク足でチャートを見ている人が多いと思いますが、昨日と本日のローソク足については、雲にすっぽりと収まっていることがわかるのではないでしょうか。

MACDは?

MACDはゴールデンクロスとなりました。

下落トレンドが終わり、上昇トレンドを示しております。

ただ、騙しの可能性には気をつけましょう。

RSIは?

急激な上昇がありましたが、RSIはどうなっているでしょう?

本日のRSIは、44.9。

ちょうど中立ぐらいですね。

東証一部売買代金

今週の東証一部売買代金は

月曜→約1兆8604億円

火曜→約2兆848億円

水曜→約2兆3482億円

木曜→約2兆6689億円

金曜→約2兆593億円

となりました。

まとめ

今週は明るい材料もあり、下落トレンドが終わり、膠着状態入りしたように見えます。

買いたかったと考えている人も多いので、下げた時にはそれなりに買いが入るかもしれません。

ただ、以前、何度もトライしては跳ね返された17000円~17500円近辺。

現状の売買代金ではすぐの突破は難しそうですね。

日経平均がもたついているとき、売買代金を膨らませて上昇する個別銘柄があれば、大きなチャンスとなることもあります。

自身の売買ルールに従いながら、無理しないようトレードしていくとよいでしょう。

 

動画で学習!株の勉強メール講座【全7回】

 

PCメールアドレス: 

※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

 

【講座概要】

株取引をこれから始めようという方向けの無料メール講座です。
〇動画を含む、全7回のスイングトレード勉強講座
〇日経平均株価の急変動時のテクニカル分析レポート
を配信してまいります。
今、登録で
・PDF小冊子 「株式投資 天国と地獄」
・売買ルール3事例
などをプレゼント中です。

無料なので実際に投資を始める前に是非、学習してみて下さい。