2016年2月12日の日経平均株価テクニカル分析

2016年2月12日の日経平均株価テクニカル分析

もうどうにも止まらなくなってしまった日経平均株価。

本日は15000円を割り込んでの引けとなっております。

14,952.61円の前日比-760.78(-4.84%)となりました。

1年4ヶ月ぶりの安値となりました。

しばらく静観が良さそうですが、現状について

テクニカル面から見ておきましょう。

■本日(2月12日)の日経平均株価:14,952.61円(-760.78)

朝から売られる展開でした。

何度かもち返そうとするのですが、売りの力が強く、結局、本日の中でも安い水準で引けました。

イエレン議長の利上げのペースを緩やかにする発言を受けたアメリカの景気の先行き懸念、円高が主な要因でしょうか。

 

一目均衡表は?

下落トレンド真っ最中です。

あまりにも下落が急で大きいために多少の反発はあるかもしれませんが、やはり、落ちてるナイフは掴むな、とした方がよさそうです。

 

MACDは?

先日メルマガでもデッドクロスをお伝えしましたMACD。

今回はテクニカルが当たったというより、そのタイミングで悪いニュースが出たという印象。

いずれにしても今は下落トレンドの最中です。

 

 

RSIは?

2月10日の時点では50を少し割り込んだ水準で下値余地十分でした。

そんなRSIが本日は30をギリギリ保っている水準。

これまでのRSIの水準を考えるとまだ下値はありえる水準といえそうです。

 

東証一部売買代金

今週の東証一部売買代金を振り返りましょう。

月→約2兆5992億円

火→約3兆556億円

水→約3兆5368億円

木・祝日

金→約4兆1834億円

商いは出来ていますが、これほどの値動きだから、といった感じです。

 

まとめ

ニュースに左右される荒い展開が続いております。

ここ最近ずっと同じことを繰り返しますが

スイングトレーダーにとっては難しい相場と言えそうです。

無理は禁物、休むも相場

と考えたほうがよさそうです。

ただ、先日のメルマガでもお伝えしたように、

こういう時でも、トレードノートはしっかり書いておきましょう。

・今どう考えているのか

・どうするのが正解なのか

・何をすべきと感じたか

トレードノートはきっといつか役に立つはずです。

 

動画で学習!株の勉強メール講座【全7回】

 

PCメールアドレス: 

※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

 

【講座概要】

株取引をこれから始めようという方向けの無料メール講座です。
〇動画を含む、全7回のスイングトレード勉強講座
〇日経平均株価の急変動時のテクニカル分析レポート
を配信してまいります。
今、登録で
・PDF小冊子 「株式投資 天国と地獄」
・売買ルール3事例
などをプレゼント中です。

無料なので実際に投資を始める前に是非、学習してみて下さい。