トレードで大事にすべき5つのこととは?

トレードで大事にすべき5つのこととは? 

トレードで大事なことを5つに絞ると何でしょうか?今回のコラムでは、トレードに必要なことを5つに絞って考えてみたいと思います。

 

1、売買ルール

まず、何よりも欠かせないのが売買ルールではないでしょうか?売買ルールとは、何をいつ買っていつ売るかをルール化することをいいます。売買ルールがないと、毎回の取引が感覚に頼ることになります。また、売買のタイミングがいつも変わってしまうとどうしても、反省を次のトレードに生かし辛くなってしまいます。あなたは売買ルール、持っていますか?それを人に説明できますか?

 

2、資金戦略

トレードのロット、どうやって決めているでしょうか?株式投資のトレードでは、ロットに注意が必要です。どうしても、単元株制度があるために、いつも一定の金額で投資することは難しいのです。適当に投資していては、負けた時だけ大きな金額、買ったときには少ない金額を投資していた、なんてことになりかねませんよね。資金戦略を考えた銘柄選びも大事です。(例えば、いつも同じ金額ぐらいで投資できるような銘柄を選ぶ戦略もありでしょう)

また、最初から投資予定金額全額で投資をしていくとどうなるでしょうか?最初に続けて負けると残った資金で損失を取り返すだけでも大変になりますよね?投資は余裕資金ではじめましょう。

 

3、相場全体の流れ

トレードにおいて、大事なのは銘柄選びよりもタイミング選びになります。でも、相場状況にも注意を払う必要があります。というのも、株があがる、上がらないは相場の状況にかなり左右されるからです。

例えば、相場全体が閑散相場の時に、日経平均株価と連動性の高い銘柄を取引したらどうでしょう?なかなか利益を取ることが難しくなるかもしれません。こんな時には、新興市場の株がひょっとしたらよく値上がりするかもしれませんよね?相場全体の把握スキル、日頃から相場をよく見て、鍛えるようにしましょう。

 

4、ルールを守る工夫

『売買ルールを作った、資金戦略も決めた、銘柄の選び方も決めた、よし、投資開始だ』気持ちは分かりますが、売買ルールや資金戦略、結局守れずに失敗してしまう人が多いという話、聞いたことはあるでしょうか?聞いたことがないなら、今、覚えておきましょう。売買ルールや資金戦略は作ることよりも守ることのほうが難しいと言われております。

では、ルールを守る工夫や対策、講じているでしょうか?例えば、損切りを確実に実行するために逆指値成行売り注文を確実に発注する、株を買う前にミスがないかを確認する『注文前チェックリスト』を準備するなど、ルールを守るために万全を期しましょう。

 

5、ある程度の自信

過信はいけません。というのも、過信は墓穴を掘るからです。過信していると、予定外のことが起きた時に対応が遅れがちになってしまいます。でも、おっかなびっくりで投資をするのもまた考えものです。というのも、あまりにも自信がないなら、まだ準備不足の可能性があるからです。投資は、やる前に勝負が決まっていると考えましょう。だからこそ、投資前にどれぐらいの用意ができるかが勝敗を分けてしまうものなのです。

売買を始める前に、十分な検証を重ねたでしょうか?そうであれば、ある程度の自信、あるはずです。

 

いかがでしょうか?

もちろん、ここに書いた以外にもトレードで大事なことは山ほどあります。でも、最低限、ここに書いてあることは身につけてから投資に挑むべきかなとも考えられます。

途中でも書きましたが、投資はやる前に勝負が決まってしまうとも考えられます。トレード前に準備と勉強をしっかりとして、挑みましょう。

準備と勉強をして、そして利益をあげられた時の感動は、それはもう格別なものなはずです。

動画で学習!株の勉強メール講座【全7回】

 

PCメールアドレス: 

※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

 

【講座概要】

株取引をこれから始めようという方向けの無料メール講座です。
〇動画を含む、全7回のスイングトレード勉強講座
〇日経平均株価の急変動時のテクニカル分析レポート
を配信してまいります。
今、登録で
・PDF小冊子 「株式投資 天国と地獄」
・売買ルール3事例
などをプレゼント中です。

無料なので実際に投資を始める前に是非、学習してみて下さい。