目指すべき基本パターンすらうまくできないという人

目指すべき基本パターンすらうまくできないという人 

スイングトレードで初心者がまず目指すべきことはトレンドに乗って利益を上げること、ということはよく言われております。このトレンドを把握するためのテクニカル指標には

移動平均線

ボリンジャーバンド

一目均衡表

パラボリック

など多くのものがありますし、トレンドを把握することはそんなに難しくない、と言う人もいます。

 

トレンド把握は難しくない!?

確かにテクニカル指標を用いて、トレンドを把握しようとすれば、そこまで難しくないかもしれません。見る人によって多少の違いはあるでしょうが、株価が上がって行っているときは上昇トレンドでしょう。逆に株価が下がって行っているときは下落トレンドと言えます。

膠着状態になった時に、「まだ上昇トレンドの最中だ」という人もいれば「上昇トレンドは終焉した」という人に分かれることはあるでしょうが、トレンド把握は、そこまで難しくないでしょうし、いや、さらに言うと難しく考えすぎないこともまた大事なのかもしれません。

 

テクニカル指標の弱点

テクニカル指標はいろいろなものがあり便利ですし、スイングトレードで儲けようと考える際には必須科目とも言われますが、弱点もあります。テクニカル指標の弱点は

・ニュースに弱い

・出来高が少ない銘柄には機能しない

・騙しもある

・売買サインがワンテンポ遅れるテクニカル指標も非常に多い。

といったことが挙げられます。

 

明らかに上昇トレンドと分かるときは・・・

今回、強調しておきたいのはテクニカル指標の弱点の一つ、

・売買サインがワンテンポ遅れるテクニカル指標も非常に多い。

ということです。

つまり、あらゆるテクニカル指標を見て上昇トレンドだとはっきりと分かる時には、もう上昇トレンドが終わりがけのケースの可能性があるということです。トレンドの把握は難しくないかもしれません。でも、トレンドを把握して、上昇トレンドだからこのトレンドに乗っかろうという単純な判断は必ずしも成功するとは限らないわけですね。

 

トレンド把握は大事、でももう一歩!

スイングトレードで儲けようと考える限り、トレンドを把握することはとても大事です。でも、把握したトレンドをそのまま売買判断として使うと上昇トレンドの終わりに買い付けてしまうケースが存分に有り得ます。

株初心者がスイングトレードに取り組む際に最初に目指すべき基本パターンは、上昇トレンドを把握し、そしてその流れに乗っかるというパターンであることは否定しませんが、もし、あまり勝率が良くないなという人は、まず膠着状態、それもできる限り長い期間膠着状態となっている銘柄を探す、見つける訓練をしてみるとどうでしょう?

膠着状態が長ければ長いほど、その後トレンドが出現すると力強いものになることが多いのです。上昇トレンドの、その始まりを捉えることができれば、基本パターンである上昇トレンドの流れに乗っかって利益を得るパターンのイメージを理解できるようになるかもしれません。

さぁ、お使いの証券会社のテクニカル分析ツールで、膠着状態銘柄を探してみましょう。

動画で学習!株の勉強メール講座【全7回】

 

PCメールアドレス: 

※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

 

【講座概要】

株取引をこれから始めようという方向けの無料メール講座です。
〇動画を含む、全7回のスイングトレード勉強講座
〇日経平均株価の急変動時のテクニカル分析レポート
を配信してまいります。
今、登録で
・PDF小冊子 「株式投資 天国と地獄」
・売買ルール3事例
などをプレゼント中です。

無料なので実際に投資を始める前に是非、学習してみて下さい。