本日(2015年8月28日)の日経平均株価テクニカル分析   

本日(2015年8月28日)の日経平均株価テクニカル分析

金曜日恒例の日経平均株価のテクニカル分析です。

今日の日経平均株価は、前日のNY市場が360ドル以上の上昇だったことや為替の円安傾向、

上海市場が堅調な動きを見せたことなどを受け、大幅続伸。19000円台を回復して引けました。以前として中国には一抹の不安がありますが、日経平均株価の現状を理解しておきましょう。

本日(8月28日)の日経平均株価:19136.32(+561.88円)

朝方は19000円台手前でスタートした本日の日経平均株価ですが、

徐々に買われていく展開となりました。

冒頭で書いたように、上海市場が堅調だったことが一因でしょう。

一目均衡表は?

トレンドを見るテクニカル指標である一目均衡表。

基準線と転換線の関係

遅行スパンと26日前株価の関係

現在株価と先行スパン(雲)の関係

どれも依然として下降トレンドを示しております。ここから先は、簡単に上昇していくのは難しいかもしれません。

MACDは?

引き続き下降トレンドを示しています。

RSIは?

本日のRSIの数値は33.07です。

勿論、この水準は売られすぎにはなります。

東証一部売買代金

約3兆942億円。

最近は値動きが大きいので、売買代金は増えております。ただ、今日は500円以上値を上げたにしては膨らまなかった印象もありますね。

まとめ

まだ、安心しきってはいけない相場状況と言えそうです。相変わらず、ノートレードを基本とした方がよいかもしれません。今日は日経平均株価が500円以上、上昇しました。スイングトレードを手掛ける上においては、まだ少しボラティリティが大きい感があります。

500円の上昇があるということは、500円の下落もまた、起こりやすい相場状況と考えましょう。

勿論、荒い相場が得意な人や、超短期での取引をするケース、こういった荒い相場の時の売買ルールがある人などはこの限りではありませんが、そうでなければ、しつこいようですが、ノートレードが基本だと思われます。

また、相場が安定してきてトレードしようと考えた場合も引き続き、中国関連銘柄は敬遠した方がよさそうです。

日経平均株価の値幅がもう少し落ち着いてこれば、きっとチャンスが来るはずです。また、スイングトレードに取り組む限り、今後、チャンスは無限大にあり続けます。

現状の相場状況で取引すべきか、もう少し落ち着くのを待ってから取引すべきか、よく考えるようにするとよいのではないでしょうか。

動画で学習!株の勉強メール講座【全7回】

 

PCメールアドレス: 

※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

 

【講座概要】

株取引をこれから始めようという方向けの無料メール講座です。
〇動画を含む、全7回のスイングトレード勉強講座
〇日経平均株価の急変動時のテクニカル分析レポート
を配信してまいります。
今、登録で
・PDF小冊子 「株式投資 天国と地獄」
・売買ルール3事例
などをプレゼント中です。

無料なので実際に投資を始める前に是非、学習してみて下さい。