本日(2015年8月21日)の日経平均株価テクニカル分析 

本日(2015年8月21日)の日経平均株価テクニカル分析

 

金曜日恒例の日経平均株価のテクニカル分析です。

8月21日(金)は中国経済の減速に伴い、世界的株安の流れとなりました。

心理的節目だった20000円を寄付で早速下回ってしまいました。

そのあとは、一方的に下落していく展開でした。

テクニカル的に見ても、金曜日の動きをもって、

日経平均株価は下降トレンド入りとなりそうです。

本日(8月21日)の日経平均株価:19435.83(-597.69円)

冒頭に書いたとおり、一方的に売られていく展開でした。

しかも、安値引けという嫌な引け方です。

一目均衡表は?

一目均衡表の三役は金曜日の値動きを持って、

基準線と転換線

遅行スパンと26日前株価

先行スパンと現在値

全て下降トレンド入りとなりました。

MACDは?

MACDは暴落前から下降トレンド入りしていました。

その流れは継続となりそうです。

RSIは?

25.77

今年のRSIの最安値を更新しました。

RSI25.77は売られ過ぎの水準です。

安値引けですから

「売りたい」

というパワーがまだ残っているような感じはありますが、

RSIを見る限り、短期的に売られ過ぎな感もあります。

東証一部売買代金

金曜日の東証一部売買代金は3兆円を超えました。

約3兆1914億円

まあ600円近くの下落ですから、

投げ売りする人、逆張りで買い向かう人

が売買した結果でしょうか。

まとめ

テクニカル的に一言で言ってしまえば

下落トレンド入り

と言えそうです。

短期間に一気に売られた感がありますので、多少の反発はあるかもしれませんが・・・。

20000円が上値の蓋となりそうです。

中国、あるいは世界的に何かしらのポジティブなニュースを期待したいですが、

もし今現在、保有している株があって、どうしようか迷っているならば、

一度手放したほうが無難かもしれません。

・下落トレンド時に運用する売買ルールがある方

・短期の逆張りトレードを得意とする方

でなければ、無理をしないことをおすすめします。

動画で学習!株の勉強メール講座【全7回】

 

PCメールアドレス: 

※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

 

【講座概要】

株取引をこれから始めようという方向けの無料メール講座です。
〇動画を含む、全7回のスイングトレード勉強講座
〇日経平均株価の急変動時のテクニカル分析レポート
を配信してまいります。
今、登録で
・PDF小冊子 「株式投資 天国と地獄」
・売買ルール3事例
などをプレゼント中です。

無料なので実際に投資を始める前に是非、学習してみて下さい。