8月の株式相場、閑散?チャンス?よく言われていることなど紹介

8月の株式相場、閑散?チャンス?よく言われていることなど紹介

 

8月の株式相場においてよく言われていることを簡単にまとめておきたいと思います。

あくまでも、よく言われていることを紹介するだけなので、アノマリーとしてとらえていただければ幸いです。

 

夏枯れ相場、閑散相場

まず、8月と聞いても最も意識するのがこの夏枯れ相場、閑散相場と言った言葉です。

その名の通り、夏、それもお盆休みの時期には、市場参加者も減り、売買代金も盛り上がらなくなりやすいということです。

値動きについてもいまいちパッとしない印象があります。

 

証券会社の社員も休みを取ることも

大企業などでもお盆休みを取る企業は多くあります。

また、証券会社でも、社員がお盆近辺に交代で休みを取ることがあります。

証券会社の人間ですら休みを取りがちということは、それだけ相場が閑散としやすいことを意味していると思います。

 

個別銘柄が盛り上がることも

8月には相場全体が閑散となりやすいので、無理をしないことが大事になります。

ただ、相場全体がいまいち盛り上がらないと思っていたら、突如ある銘柄が急騰することもあります。

そうした銘柄の動きは閑散相場の中では目立つために、あれよあれよと上昇していくこともあるかもしれません。

まあ、リスクも高いので、そうした銘柄への投資はおすすめはできませんが。

 

閑散相場になりやすいですが・・・。

8月は証券会社の社員が休みを取ることも多く、閑散相場となりやすいです。

でも、チャンスがないわけではありません。

・閑散相場となったらどうするのか。

・相場にチャンスがあれば、トレードを試みるのかどうか

あらかじめ8月は勉強に徹してトレードはしない、と決めてしまうのもありでしょう。

今週末には雇用統計もあります、無理せずマイペースで8月相場に挑みましょう。

動画で学習!株の勉強メール講座【全7回】

 

PCメールアドレス: 

※配信解除はメール内記載のリンクをクリックするだけで、いつでも簡単にできます。

 

【講座概要】

株取引をこれから始めようという方向けの無料メール講座です。
〇動画を含む、全7回のスイングトレード勉強講座
〇日経平均株価の急変動時のテクニカル分析レポート
を配信してまいります。
今、登録で
・PDF小冊子 「株式投資 天国と地獄」
・売買ルール3事例
などをプレゼント中です。

無料なので実際に投資を始める前に是非、学習してみて下さい。